バカン、AIを活用して芝公園内の混雑度をリアルタイムに可視化する取り組みを開始

新型コロナウイルスの感染拡大以降、感染拡大防止の観点から人が集まることによる「密のリスク」を回避しながらの活動が求められるようになった。

東京都港区の芝公園では、緊急事態宣言後の4月28日から同園内の芝生広場を閉鎖していたが、6月30日より一般の方の利用が可能となる。しかし、新型コロナウイルスの感染対策は宣言解除後も例外ではなく、利用者同士の距離の確保や同一時間帯に人が集中することを避け、分散利用されることが重要になる。

また、7月から開催が予定されているオリンピック・パラリンピック期間中などでも、人流を抑制・分散させることが感染症の拡大防止に重要と言われている。

株式会社バカンは、芝公園で園内の混雑を可視化する取り組みを2021年7月1日より開始する。

同取り組みでは、港区の芝公園芝生エリア3箇所に定点カメラを設置し、AI等でそれらの情報を解析することでリアルタイムの混雑情報を取得する。検知した情報は、バカンが提供するリアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」を利用して配信される。

バカン、AIを活用して芝公園内の混雑度をリアルタイムに可視化する取り組みを開始
VACANでの情報検知、配信の仕組み
VACANには、マップ上で近くの施設等の空き・混雑状況を一覧できる「VACAN Maps」という機能があり、今回はこのVACAN MapsにPCやスマートフォン等で利用者がアクセスすることで、混み具合を確認することができる。​また、港区のHPからもこのマップにアクセスが可能だ。混雑の表示は「空いています」「やや混雑」「混雑」の3段階である。

混雑情報はアプリなどのダウンロード不要で、スマートフォンやPCなどから誰でも閲覧できる。来園者や観光客が事前に混雑状況を確認できるようにすることで、自発的に混雑を避けた行動を取りやすくなる。

また、VACAN Mapsでは芝公園だけでなく、飲食店などの周辺施設の混雑情報も確認できるため、利用者は密を避けた移動の導線やプランを立てやすいといった効果も期待できる。これにより、オリンピック・パラリンピック期間中も含め、人流の抑制・分散を促進し安心安全な公園利用をサポートする。

バカン、AIを活用して芝公園内の混雑度をリアルタイムに可視化する取り組みを開始
VACAN Mapsのイメージ図
バカン、AIを活用して芝公園内の混雑度をリアルタイムに可視化する取り組みを開始
混雑情報の表示イメージ
なお、混雑情報の可視化のために、今回は屋外カメラを使用する。カメラではAIを用いた映像解析技術を活用することで、リアルタイムに混雑情報を検知し、それをVACAN Mapsへ配信する。VACAN Maps上にはジャンル問わずあらゆる場所の混雑情報が表示され、全国で9,000箇所以上が掲載されている。