パナソニック、アプリで自分仕様にアップデートできるIoT対応「ライス&クッカー」SR-UNX101を発売

パナソニック株式会社は、「キッチンポケット」アプリとの連携により本体に登録する炊飯コースをカスタマイズでき、炊飯以外の調理機能も拡充した、炊飯と調理1台2役の調理器である、IoT対応「ライス&クッカー」SR-UNX101を9月1日より発売する。

同製品は、お米の種類や食感の好みなどにより25通りの炊飯コースを搭載しているが、本体にはアプリを通じて選択した3つの炊飯コースを登録する仕様になっている。よく使用するコースのみに限定することで、シンプルなデザイン・操作性を実現した。コースの入れ替えはアプリで容易におこなえるため、ライフスタイルに合わせてカスタマイズすることができる。

パナソニック、アプリで自分仕様にアップデートできるIoT対応「ライス&クッカー」SR-UNX101を発売
(左)アプリ画面イメージ(右)コース設定イメージ
また、パナソニックの調査によると、材料を入れて機器に調理を任せる「ほったらかし調理」のニーズは拡大しており、電気調理鍋市場が伸長している。炊飯器を調理に使用したいというニーズも高く、炊飯器調理のレシピも多数存在しているが、炊飯に特化したプログラムではうまく調理ができない場合もあるため、同製品では調理専用プログラムを搭載した。

食材をセットしてアプリからレシピを送信するだけで、食材の温度変化を検知し、適切な時間や火力でスープや煮込み料理、ケーキなど多様なメニューを調理することができる。調理レシピは同製品発売時の10種に加え、食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA」監修メニューを含む新しいレシピを2021年10月以降に随時追加配信予定とのことだ。
パナソニック、アプリで自分仕様にアップデートできるIoT対応「ライス&クッカー」SR-UNX101を発売
さらに、アプリを通じて、その年のお米の出来栄えに応じて炊き方を更新したり、調理できるレシピが新しく追加されるなど、購入後も機能を進化させることができるという。