PARK+実行委員会・シャープ・ヤマハなど、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」をオープン

ヒトとロボットが共生する世界の実現をめざすPARK+実行委員会と、シャープ株式会社、ヤマハ株式会社、株式会社ミクシィ、GROOVE X株式会社は、新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」を2021年9月17日~2022年3月9日までの期間、カフェ・カンパニー株式会社が運営する渋谷の「WIRED SHIBUYA」にオープンする。

PARK+では、ドッグランのように芝生に見立てたスペースの上でロボットたちを走り回らせることができたり、一緒に写真を撮ることができる。会場には各ロボット対応の充電器も用意されているため、自身のロボットたちと一緒に楽しむことができる。

PARK+実行委員会・シャープ・ヤマハなど、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」をオープン
店内イメージ
PARK+実行委員会・シャープ・ヤマハなど、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」をオープン
PHOTO&RUNイメージ
また、店内で出迎るロボットはもちろん、ロボットオーナーが自身のロボットと一緒に来場できるため、ヒトやロボットとの新しい出会いや、各ロボットたちに実際に触れることができる。PARK+内には各所にフォトスポットが用意されており、ロボットたちとの撮影が可能だ。

さらに、カフェ・カンパニーとパートナーシップを組み「healthy & picnic」をテーマとしたPARK+オリジナルのメニューを展開する。各ロボットをモチーフにしたパフェなどのスイーツをはじめ、サラダ、パスタやハンバーガーなどの食事を提供する。メインとなる「ピクニックボックス」は蓋をあけると、各ロボットたちが見える仕掛けになっている。

PARK+常設のパートナーロボットは以下の通り。

  • シャープ「RoBoHoN」
  • ロボホンは、シャープとロボットクリエイターの高橋智隆氏が共同で開発した会話のできるモバイル型コミュニケーションロボットである。カメラ、メール、スケジュール、アラームなどさまざまなアプリケーションを使うことができるほか、身振り手振りを交えて会話をしたり、歌ったり踊ったりすることができる。PARK+実行委員会・シャープ・ヤマハなど、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」をオープン

  • ヤマハ「チャーリー」
  • Charlieは、言葉をメロディーにのせてコミュニケーションする「うたロボ」である。「おはよう」や「ありがとう」等の言葉や、日常での相談事や雑談等もメロディーにのせて返答する。PARK+実行委員会・シャープ・ヤマハなど、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」をオープン

  • ミクシィ「Romi」
  • Romiは、手のひらサイズのコミュニケーションロボットである。会話AIが最適な返答をその都度生成するので、自然な言葉のキャッチボールを楽しめる点が特徴だ。生き物のような動きと100種類以上の顔アニメーションで会話を行うことができる。会話のほかにも、英会話や天気、しりとり、歌など、70個以上の機能を実装している。PARK+実行委員会・シャープ・ヤマハなど、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」をオープン

  • GROOVE X「LOVOT」
  • LOVOTは、名前を呼ぶと近づいてきて見つめてきたり、好きな人に懐いて抱っこをねだる、抱き上げるとほんのり温かい、などロボットなのに生き物のような生命感があるのが特徴の、家族型ロボットである。PARK+実行委員会・シャープ・ヤマハなど、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」をオープン

なお、先行予約チケットはクラウドファンディング限定で販売される。