MEDITAと東急建設、ウェアラブルセンサーを活用した「熱中症予防管理システム」の実証実験を開始

熱中症は、身体に徐々に蓄積された熱を排出できなくなり、急な体温変化により発症する。そのため自覚症状がなく、休憩や水分補給をしなかったために発症してしまうケースが多い。

そこで株式会社MEDITAと東急建設株式会社は、ウェアラブルセンサーにより、取得した連続性のある体温データを解析し、発症の兆しを検出する「熱中症予防管理システム」の実証実験を都内の建設現場で開始した。

今回実証を行う熱中症予防管理システムは、装着したウェアラブルセンサーにより、臍部の周辺温度のデータを連続して取得し解析することで、脳や内蔵などの体の中心部分の深部体温を計測し、熱中症の兆しを検出するというものだ。

その値を作業中の建設技能者や職長などの周囲の人にも情報送信し、休憩や給水を促し、熱中症を防ぐ。

MEDITAと東急建設、ウェアラブルセンサーを活用した「熱中症予防管理システム」の実証実験を開始
今回の実証実験の概要図。

実証実験は、暑さの異なる8月と10月の2回を予定しており、実際に作業を行う建設技能者に終日センサーを装着してもらい、取得データの精度や作業中の装着感の調査が行われる。