キヤノンMJ、映像を活用して製品トラブル発生原因を究明する「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」を開始

製造業の生産ラインなどにおいて、検査時に製品トラブルが発生した際には、その原因を特定する必要がある。そのため、各工程における作業員への聞き取りや、組み立て過程を録画した全ての映像の確認など、不具合の特定に膨大な時間とコストがかかるという課題があった。

そこでキヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下、キヤノンMJ)は、主に製造業におけるキズなどの製品トラブル発生原因の究明する「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」を2021年8月下旬より提供する。

「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」は、ネットワークカメラで録画した映像に製造番号などの文字情報を追加することで、原因究明までの時間を短縮することができるというものだ。

具体的にはまず、ビデオ管理ソフトウエア「Milestone XProtect」を活用して、システムが出力する製造番号など対象製品における固有の番号を含んだCSV形式ファイルを読み込み、その情報を付加したブックマークを録画された映像に自動的に追加する。

キヤノンMJ、映像を活用して製品トラブル発生原因を究明する「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」を開始
サービス構成例。

生産ラインなどにおいて製品トラブルが発生した際に、該当製品の文字情報を「Milestone XProtect」で検索することで、膨大な映像データの中から該当製品の映像のみを抽出することが可能となり、原因究明までの対応時間を短縮することができる。

なお、「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」は、ネットワークカメラとビデオ管理ソフトウエアやクラウド録画サービス、映像解析ソフトウエアを組み合わせてDXを支援するソリューション群である映像DXシリーズの第一弾である。

「作業工程トレーサビリティ DX for Milestone XProtect」の主な機能

  • システムが出力するCSV形式ファイルを格納するフォルダの監視
  • CSV形式ファイルを読み取り、録画映像にその情報を付加したブックマークを追加
  • 設定ファイルを介して、CSV形式ファイルからの読み取りを制御
  • 任意期間のブックマークの削除