ソニーCSL、AIで作曲をアシストするモバイルアプリ「Flow Machines Mobile」を提供開始

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下、ソニーCSL)では、AIを主軸にした研究テーマの一つとして、2012年よりアーティストのクリエイティビティを拡張する「Flow Machines(以下、FM)プロジェクト」を展開している。2019年にはデジタルオーディオワークステーション(以下、DAW)上で機能するプラグイン型のツールである「Flow Machines Professional」を開発し、ソニーグループ内で活用することで、国内外で数多くの楽曲が制作されてきた。

このほど、ソニーCSLはAIアシスト楽曲制作アプリ「Flow Machines Mobile」(以下、FM Mobile)の提供を日本と北米で開始した。

FM Mobileは、各種DAWプラグインとも連携して機能するクラウド型の楽曲制作用AIツールである。AIを活用し、クリエイターの望むスタイルに合わせたメロディー、コード、ベースラインを提案する。

曲のスタイルを表現するため「スタイルパレット」という独自の概念を採用している。スタイルパレットは音楽データを解析した機械学習モデルで、ソニーCSLが開発した各種プリセットの他、アプリ内で作曲者自身が新たにオリジナルのスタイルパレットを作成することも可能だ。自分の音楽スタイルを残しながらも、新たな発想につながるメロディーをAIに生成させることができるという。

FM Mobileによる楽曲制作手順としては、まず作りたい曲のジャンルとコードに合わせてスタイルパレットを選択し「compose」ボタンを押すと、選択したコード進行に合わせてAIにより8小節ごとにメロディーが生成される。音符の長さやメロディーの複雑さを調整するパラメータを変更することで、より意図に沿った提案をAIから受けることができる。気に入ったメロディーを保存し、FM Proを使ってDAWに取り込むことができる。

ソニーCSL、AIで作曲をアシストするモバイルアプリ「Flow Machines Mobile」を提供開始
compose画面
ソニーCSL、AIで作曲をアシストするモバイルアプリ「Flow Machines Mobile」を提供開始
スタイルパレット選択画面
なお、FM MobileのデータはMIDIデータのため、iPad上で気に入ったメロディーをAppleの楽曲制作ソフトウェア「GarageBand」に取り込み、素材としてそのまま使うこともできる。

同アプリのリリースに合わせて公開したFMのブランディングムービーでは、音楽家の江﨑文武氏がFMを用いて書き下ろした楽曲Obscura(feat. HANA)を使用している。また、同時に公開したチュートリアルムービーでは江﨑氏による楽曲の制作過程を公開している。