富士通と東大病院、心電図から心臓の動きの異常を推定するAIの臨床研究を開始

心疾患は日本人の死因の第2位となっており、心疾患を早期に発見するために、心臓の電気パルス信号の波形をもとに心筋の異常や脈の乱れを検出する心電図検査が診断手段として広く用いられている。しかし、心電図のみを用いて心臓の形や動きの異常を捉えることは難しく、医療の現場では、心電図検査結果に加え、患者の自覚症状をもとに医師が聴診器を使って心音の異常を検知した後、心臓超音波検査(※1)を行うことなどで検出している。

だが、心臓超音波検査は専門の医師や臨床検査技師がいる限られた施設でしか行うことができないなどの理由のため、すべての患者に対して検査を行うことが難しいという実態がある。このため、早期発見がしにくく、発見したときにはすでに疾患が重症化しているケースもある。心疾患の治療においては、早期に発見して適切な処置を行うことが医療の現場での重要な課題となっている。

富士通株式会社と東京大学医学部附属病院循環器内科の藤生克仁特任准教授および小室一成教授らの研究グループ(以下、東大病院)は、2019年12月より、東大病院にてこれまでに受診した患者の心電図検査のデータ約63万件と心臓超音波検査のデータ約14万件を使用して、富士通独自の波形解析技術TDA(※2)を活用した心電図データから心疾患を検出するAIの研究開発に取り組んできた。

このほど両者は、心電図のデータから心臓の動きの異常を推定するAIについて、その有効性を検証するための臨床研究を2021年10月25日~2022年3月31日の期間、東大病院において実施する予定と発表した。

同検証では、東大病院内に心臓の動きの異常を検出するAIを搭載したサーバを設置し、心電図データを蓄積したサーバと接続し患者の心電図を解析、異常の有無を推定する。異常ありとAIが推定した患者には、心臓超音波検査を行った上で、医師が心疾患の有無を判断し、AIの有効性を検証する。

※1 心臓超音波検査:胸部に超音波を照射し、反射してきた波を分析・画像化することで、心臓の動きや形態などの心臓の力学的な機能を調べる検査。
※2 TDA(トポロジカル・データ・アナリシス):データをある空間内に配置された点の集合とみなし、その集合の幾何的な情報を抽出するデータ分析手法のこと。

プレスリリース提供:富士通