ファーウェイがスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT」の新モデルを発売、カラーバリエーションや縄跳び計測機能を追加

華為技術日本株式会社は、2020年に発売したスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT」のリニューアルモデルとなる「HUAWEI WATCH FIT new」を市場想定価格15,180円(税込)にて、2021年10月22日より発売する。カラーバリエーションは、ポメロレッド、アイルブルー、サクラピンク、グラファイトブラックの4色である。

HUAWEI WATCH FIT newは、前モデルと同様で血中酸素の常時測定に対応しており、睡眠モニタリングや心拍数モニタリング、ストレスモニタリングなど健康管理に役立つ機能を備えたスマートウォッチである。常時測定機能を有効にしておけば、血中酸素レベルが設定値よりも低く測定された場合に、本体が振動しアラートを出す。

また、GPSが内蔵されており、ウォーキングやランニングなどの位置データをリアルタイムに記録することができる。バッテリーは通常使用で約10日間持つ。

ウォッチフェイスには1.64インチAMOLEDディスプレイを採用している。画面占有率は約70%で、ベゼル幅は0.95mm、重さは約34g(ベルトを含む)だ。また、プリインストールされているテーマの他にも、ウォッチフェイスストアからウォッチフェイスをダウンロードすることができる。スマートフォンなどから好きな写真を選んでカスタマイズすることもできる。

さらに、フィットネスコースが12種類内蔵されており、様々な動作デモ動画をウォッチ画面から見ることができる。例えば「職場でのエクササイズ(6分)」や「腹筋の引き締め(10分)」、「体幹のワークアウト(12分)」など、目的や時間に合わせて選ぶことができる。今回の新モデルのワークアウトモードには「縄跳び」が追加された。

12種類のワークアウトに対して、プロスポーツモードを起動して使用できる。モニタリングによるデータ分析・記録を行ってトレーニング効果を可視化することができ、例えば、ランニング時には心拍数や走行ペース、ケイデンス(1分あたりの歩数)などの情報を提供してくれる。カスタムワークアウトモードでは、HIIT、ヨガ、ピラティスなど85種類以上のワークアウトモードを追加可能で、自分のライフスタイルにあわせてアクティビティを楽しめる。

また、屋外ランニング、屋内ランニング、屋外ウォーキング、屋内ウォーキング、エリプティカル、ローイングの6種類のワークアウトの開始と種類を自動で識別し、トラッキングを開始するか通知される。
ファーウェイがスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT」の新モデルを発売、カラーバリエーションや縄跳び計測機能を追加
そのほか、以下の様々なライフログを記録することができる。

  • HUAWEI TruRelax ストレスモニタリング
  • 24時間ストレス状況をモニタリングすることでストレスの状態を可視化し、ストレスが高い時には呼吸エクササイズモードのガイドに従って、呼吸を整えることができる。

  • HUAWEI TruSeen 4.0 心拍モニタリング
  • リアルタイムでの心拍数の計測を実現する。

  • HUAWEI TruSleep 2.0 睡眠モニタリング
  • 睡眠時間のほか、深い睡眠・浅い睡眠・レム睡眠の割合や、深い睡眠の連続性など、睡眠の質を解析する。計測された睡眠データに基づき、より良い睡眠のためのアドバイスを提案し、ユーザーの睡眠を改善するためのサポートも行う。

  • 月経周期トラッキング
  • 自分の月経周期を登録していくことで排卵日を推定する。記録に応じてリマインダーを送る。

そのほか、メッセージ通知、天気情報、スマートフォン探索、アラーム、懐中電灯などの機能が備わっている。