ファーウェイジャパン、ランナー専用ウォッチ「HUAWEI WATCH GT Runner」を発売

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、ランナー専用ウォッチ「HUAWEI WATCH GT Runner」を、12月10日より順次発売する。

「HUAWEI WATCH GT Runner」は、約2週間持続するロングバッテリーや健康管理機能、軽量などの特徴を持つ、ランニングに特化したモデルだ。

HUAWEI TruSportによるランニング分析が可能で、ランニング能力指数やトレーニング負荷を測定することができる。ランニング能力指数は、ランニングを行った心拍数変化とペースの結果から導き出す指数で、タイムの予測などの分析が可能だ。

そして、それらの数値をコアデータとし、その他のデータと組み合わせることで、疲労度、回復時間、有酸素・無酸素トレーニング強度、トレーニング指数といった、トレーニングデータと提案を提供する。

また、「AIランニングコーチ」という、性別、身長、体重に加えて、心拍数、ランニングの距離と頻度、ペースなどを考慮して、自分に合わせたトレーニングプランをカスタマイズすることができる新機能も搭載している。

ファーウェイジャパン、ランナー専用ウォッチ「HUAWEI WATCH GT Runner」を発売
HUAWEI WATCH GT Runner本体と、AIランニングコーチが可視化した結果を表示している画面のイメージ。

AIランニングコーチは、1週間のトレーニングデータを分析し、翌週のランニングスケジュールを自動的に調整してくれる。また、リアルタイム音声ガイダンスが、ランニング中の心拍数やペースなどの身体のデータ、現在のトレーニング目標などを音声で知らせる機能も搭載している。

さらに、血中酸素レベルの常時測定、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングなど豊富な健康管理機能を、Android版には搭載している。スマートフォンと連携し、「HUAWEI Health」アプリに記録することで、ログデータを確認することができる。

また、新機能「健康タスク管理」により、「起床」「水を飲む」「呼吸」「歩数」など、健康管理に関するリマインダーを設定することも可能だ。

その他にも、100種類以上のワークアウトモードや、Bluetooth通話対応、シューズに取り付ける「HUAWEI Band 4e」との同時接続対応などの機能を搭載している。