ヤマト運輸、医薬品輸送におけるドローン有用性と経済的実用性の検証を行う実証実験を岡山県和気町にて実施

岡山県和気町は、岡山県の東南部に位置し、標高200~400mの山々に囲まれているため、中心部を離れると高齢化による買い物難民や交通弱者の増加、老朽化したインフラ対策といった様々な地域課題に直面している。

そこでヤマト運輸株式会社と岡山県和気町は、医療商材や個人宅までの処方薬などの輸送における無人航空機(ドローン)の経済的実現性を検証する実証実験を、12月6日より開始することを発表した。

今回の実証実験では、対象エリアに配達を行う医療用医薬品等の商品を、医薬品卸ティーエスアルフレッサ株式会社の物流拠点からヤマト運輸が集荷する。

その後、宅急便センターから医療機関までの納品および、オンライン診療・服薬指導後の処方薬の患者宅までへの配送を行い、その有用性と経済的実用性の検証と課題の明確化を行う。

ヤマト運輸、医薬品輸送におけるドローン有用性と経済的実用性の検証を行う実証実験を岡山県和気町にて実施
実証実験における、医療品卸物流拠点から、患者宅・老人介護施設までの流れを表した概要図。

今後ヤマト運輸は、2022年2月以降に、ドローンポートを使用せず個人宅へ離着陸する技術検証および、ドローン運航の内製化検証を行う予定だ。

また、都市部でもドローンの社会実装に向けた取り組みを進め、将来的には複数の温度帯における医薬品輸送や宅急便の配送など、ドローンの活用を広げていくことを目指していく、としている。