コニカミノルタ、エッジサーマルカメラで可視化した温度データを活用する「温度モニタリングソリューション」を提供開始

コニカミノルタジャパン株式会社は、温度を可視化しデータ活用する「温度モニタリングソリューション(TMA)」の提供を開始した。

このTMAは、MOBOTIX社が提供するエッジサーマルカメラの火災予防ソリューションと組み合わせて温度のモニタリングを行うことで、火災予防だけでなく、設備保全・品質管理を支援する。

具体的には、MOBOTIXのサーマルカメラにより、遠隔から非接触で表面温度(-40°~550°)を測定し、「面データ」として可視化する。そしてTMAにより測定温度データの履歴を残し、時系列に追跡する事で、定常状態の把握が可能となり、閾値の設定を支援する。

その他にも、温度の履歴・分布・時系列変化を蓄積することで、劣化や故障の予兆発見に繋げたり、加熱・冷却後の温度履歴・分布から傾向を分析して温度管理をすることで、品質の標準化に活かしたり、異常熱や発火危険温度を履歴から予測して設定温度を検知次第、通知することで火災予防を行ったりといった利用シーンが想定されている。

コニカミノルタ、エッジサーマルカメラで可視化した温度データを活用する「温度モニタリングソリューション」を提供開始
グループ会社工場の事例として、工場内の熱交換器で予定していた補修箇所とは別に、想定外の熱ムラを温度モニタリングにより確認している。これにより、事故が起こる前に補修が必要な箇所の発見に有効であるとしている。

また、TMAを利用すれば、サーマルカメラを4台まで一括管理することができ、従来難しかった、温度測定領域設定や温度情報の統合管理を行うことができる。加えて温度の履歴管理だけでなく、可視画像でも保存されるため、実際に何があったかを視覚的に捉えることも可能だ。

コニカミノルタ、エッジサーマルカメラで可視化した温度データを活用する「温度モニタリングソリューション」を提供開始
可視画像により、視覚的に状況を把握することができる。