アクセルラボ、住宅事業者と居住者のためのプラットフォーム「SpaceCore」とシブタニの電気錠「Tebra」を連携

株式会社アクセルラボは、同社が提供する、住宅・不動産事業者と居住者・オーナーのためのスマートライフプラットフォーム「SpaceCore(スペース・コア)」と、株式会社シブタニの玄関電気錠「Tebra」シリーズを連携したことを発表した。

シブタニの電気錠「Tebra」と、「SpaceCore」で提供しているHA端子アダプターをJEM-Aケーブルで接続することによって、「SpaceCore」アプリから鍵の施錠や状態確認が可能となった。(トップ画参照)

また、「SpaceCore」アプリによって鍵の操作だけでなく、家電やスマートホーム機器など、他の設備や家電も含めた統合的な住宅内外のコントロールをすることができる。

さらに、スマートホーム機器と連動した、「遠隔での電気錠の状況確認及び操作」「一時的なゲストキーの発行」「クリッカー(IoT操作スイッチ)での施錠/解錠操作」といった操作が行えるようになった。

アクセルラボ、住宅事業者と居住者のためのプラットフォーム「SpaceCore」とシブタニの電気錠「Tebra」を連携
クリッカー。表面がボタンになっており、そのボタンをクリックすることで、アプリ上に割り当てた家電製品やデバイスを動かすことができる。

今回「SpaceCore」と連携した「Tebra」シリーズは、シブタニのオリジナル錠前ブランド「クラビス」の電気錠で、専用のTebraシステム認証キーをカバンやポケットにしまったまま認証・施錠・解錠することが可能。

他にも、 「Tebra」シリーズに対応したICカード認証システム「TFカード」や、携帯電話(おサイフケータイ)を使用して、自宅や共用部の電気錠をハンズフリーで施解錠することができる。