ドコモ、橋梁点検に自律飛行型ドローンを活用した実証実験での有効性を発表

昨今、老朽化が進んでいる橋などの道路構造物は維持管理が求められており、2014年7月より、長さ 2.0m以上の道路橋については、5年に1度の近接目視による定期点検が義務付けられているが、その点検に際し、技術者不足や点検費用が、自治体にとって課題となっていた。

また、実際の点検作業は、多くの場合、交通量の少ない夜間に行われるため危険を伴うほか、暗所での作業のため効率も悪く、作業が長引くことも課題だ。

そうした中、株式会社NTTドコモは、神奈川県の協力のもと、ドローンを活用した橋梁(きょうりょう)点検の実証実験に成功したことを発表した。

今回の実証実験では、Skydioの自律飛行型ドローン「Skydio 2」と、ドコモのドローンプラットフォーム「docomo sky Cloud」を組み合わせることで、撮影・共有・解析・確認の、一連のプロセスの有効性を検証し、自治体が実施する橋梁点検に活用できることを確認した。

また、自動飛行支援ソフトウェア「Skydio 3D Scan」を用いることで、GPSが取得しづらい環境下での橋脚の自動飛行および、網羅的な撮影の実施することができ、熟練パイロットに依存することなくドローンを飛行させることが可能だ。

ドコモ、橋梁点検に自律飛行型ドローンを活用した実証実験での有効性を発表
左:「Skydio 3D Scan」の飛行軌跡と撮影点。 右:「Skydio 3D Scan」で網羅的に撮影された写真。

撮影された写真は「docomo sky Cloud」を使うことで、遠隔から作業内容をリアルタイムに確認することができる。

さらに、撮影された写真は、今までの点検で撮影したものと同程度のものであり、点検報告書として十分であることが確認されたという。

今後ドコモは、飛行や解析などの業務プロセスの自動化を推進し、自治体の橋梁点検業務のさらなる負担軽減を目指すとしている。