住友ゴム、スローパンク検知機能を搭載した「空気圧・温度管理サービス」の実証実験を開始

住友ゴム工業株式会社では、これまでの車両リース事業、レンタカー事業を始めとする企業との同サービスの実証実験を通して、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)から取得した空気圧・温度情報をクラウドに蓄積し、その推移をモニタリングする中で、スローパンク(※)検知のアルゴリズムの構築を行ってきた。

住友ゴム工業株式会社は、リースやレンタカーなどの自動車関連サービスを展開するオリックス自動車株式会社のレンタカー事業において、スローパンク検知機能を新たに備えたタイヤの空気圧や温度をリモート監視する「空気圧・温度管理サービス」の実証実験を開始した。

同サービスは、駐車場に設置されたアンテナ圏内のTPMS装着車両のタイヤ空気圧や温度情報を一括してタブレット端末などで確認・管理することができる。

今回新たに備えたスローパンク検知機能では、住友ゴム工業が開発したスローパンク検知のアルゴリズムに基づき、空気圧・温度の変化をTPMSが監視し、異常発生時に管理者にアラートを通知する仕組みになっている。目視点検や運転中の違和感では発見することが非常に難しいスローパンクを早期に見つけることで、タイヤトラブルを未然に防ぐことができる。

今回の実証実験では、DUNLOPの乗用車用オールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX AS1」を装着するオリックス自動車の新宿西口店のレンタカー約40台に対して同サービスを提供し、その効果を検証する。

同実証実験を通して、レンタカー事業の安全運行をサポートするサービスとして、タイヤトラブルの未然防止や点検作業の効率化・工数削減、燃費改善などの具体的な効果を検証し、さらなる価値の提供およびサービスの向上に取り組むとしている。

※ スローパンク:ごく小さい穴や亀裂、リムとタイヤビード間からのエア漏れ、エアバルブからの漏れなどにより徐々に空気が抜けていく状態。