凸版印刷とMONET、移動車中でのメタバース観光事前体験を行う実証実験を実施

凸版印刷株式会社とMONET Technologies株式会社(以下、MONET)は、観光施設までの移動車中で、人気オンラインゲームのメタバース空間を活用し、遠隔地からアバターガイドがリアルタイムにナビゲートしながら観光施設の事前体験を行う実証実験を、株式会社時之栖の協力のもと、2022年3月4日~3月11日まで実施した。

同実証実験は、MONETが開発したマルチタスク車両(※)で観光施設「時之栖」まで移動する車中で、施設内を事前体験することで、観光者の行動変容を促すことができるかを検証するとともに、その満足度を測定した。

具体的には、Epic Gamesのバトルロイヤルゲーム「フォートナイト」のメタバース空間に、ゲームモードの1つである「フォートナイト クリエイティブ」によって時之栖を登場させ、遠隔地から「リモート接客システム」で繋いだアバターガイドのナビゲートのもと、乗客が携帯ゲーム機を操作しながら時之栖がどのような場所なのかをメタバース上で事前に体験した。

凸版印刷とMONET、移動車中でのメタバース観光事前体験を行う実証実験を実施
メタバース上に構築された時之栖(画像左)と、車内での事前体験のイメージ(画像右)
凸版印刷とMONET、移動車中でのメタバース観光事前体験を行う実証実験を実施
MONETのマルチタスク車両(画像左)とリモート接客システムを利用したアバターによる遠隔ガイド(画像右)
同実証実験の結果、体験前と比べて事前の認知が低く、行く予定ではなかったスポットへの訪問が増加した。また、体験者の7割以上が事前体験の満足度を10点満点中7点以上と回答し、全体の満足度平均は7.3点となった。さらにアンケート結果より、満足度を構成する要因は、メタバース上での観光施設の事前案内が最も高いことがわかった。
凸版印刷とMONET、移動車中でのメタバース観光事前体験を行う実証実験を実施

凸版印刷とMONET、移動車中でのメタバース観光事前体験を行う実証実験を実施

凸版印刷とMONET、移動車中でのメタバース観光事前体験を行う実証実験を実施
同実証実験において、凸版印刷は移動車中での新しい体験設計(LIVEによるリモート接客/メタバース空間の構築)、MONETは実証実験の企画およびマルチタスク車両の提供を行った。

今後凸版印刷は、メタバースCXプロデュース事業を2023年度までに関連サービス含め10億円の売上を目指すとしている。

※ マルチタスク車両:複数のレールを活用した専用フロア構造(意匠登録済み)により、後席の取り外しや移動、テーブルの設置(駐車時のみ)などを、工具を使わずに自由に行える架装車両。電源や照明、テーブル、モニターなどを装備しているため、オンデマンドバスなどでの利用だけでなく、移動先での商談スペースやオフィスとしての利用、物販や行政サービスの提供など、さまざまな用途で活用することができる。