村田製作所、肥料・水分・温度などをモニタリングして農地の状態を見える化する土壌センサを開発

株式会社村田製作所は、土壌の肥料や水分、温度をモニタリングして、農地の状態を見える化する土壌センサを開発し、量産を開始した。

この土壌センサは、ECセンサ、水分センサ、温度センサを搭載しており、肥料・塩分(イオン)や水分、温度を計測することができる。

ECセンサは9つの電極を採用しており、多くのパターン計測により、異常値を可能な限り排除したEC計測を実現している。

肥料の計測は独自アルゴリズムにより、土壌の肥料だけを計測できるセンシングを可能にした。

主な用途としては、「水や肥料の量のモニタリング」「塩分量のモニタリング」「土の中の水や肥料の3D分布のモニタリング」が挙げられており、収穫量の増加や収量差の原因究明、収穫量の安定化といった効果が期待されている。