デンソーウェーブ、長方形型のマイクロQRコード「rMQRコード」を開発

株式会社デンソーウェーブは本日、長方形型の新しいQRコード「rMQRコード(アール・エム・キューアールコード)」を開発したことを発表した。

「rMQRコード」は、読み取り速度とデータ容量といったQRコードの特性に加え、細長く狭いスペースへの印字を実現する、国際規格(ISO)を取得したQRコードだ。

ユースケースとしては、工場やサプライチェーンにおける部品単位のトレーサビリティや、デザイン性が重視されるブランド品、伝票・帳票での情報管理などが挙げられている。

デンソーウェーブ、長方形型のマイクロQRコード「rMQRコード」を開発
ユースケースの一例

また、デンソーウェーブは、5月から順次「rMQRコード」に対応する製品をリリースする予定だ。