GUGEN、制御機器の状態を遠隔で確認・プログラム変更できるIoTゲートウェイ「FALCONNECT」をリリース

企業:

工場の生産設備や施設の制御には、PLCを始めとする制御機器が多く使用されており、それらのプログラムは現地でパソコンを接続してモニタや変更を行うのが一般的だ。

そのため、急なトラブル時などにはPLCエンジニアが現地に行くか、遠隔で接続する方法もあったものの、ネットワークの専門知識が必要であったり、システム構築の手間がかかっていた。

そこで株式会社GUGENは、製造業などの産業設備向けIoTゲートウェイの新商品「FALCONNECT(ファルコネクト)」を、2022年2022年8月3日よりリリースした。

「FALCONNECT」は、遠隔接続に必要な、ゲートウェイ本体、携帯回線、クラウドシステム、設定ツールをセットで提供する。

ネットワークやセキュリティなどの設定は不要で、接続先機器のIPアドレスを指定することで遠隔接続の設定が完了する。制御機器にEthernet接続すると、携帯回線を通じて遠隔のパソコンからプログラムのモニタおよび変更が可能となる。

GUGEN、制御機器の状態を遠隔で確認・プログラム変更できるIoTゲートウェイ「FALCONNECT」をリリース
「FALLCONNECT」を活用し、遠隔接続する際の構成図

PLC以外でも、Ethernetで接続することができる機器であれば接続可能で、FTPサーバ、Webサーバ、VNCサーバなどの接続にも対応している。

「FALCONNECT」の主な用途

PLC接続

ラダーモニタ・プログラム書き込み、ロギングファイル(CSV)の取得(FTP)、オートロードプログラムの書き換え(FTP)、Webサーバ画面の表示、ソフトHMI接続など

HMI(タッチパネル)接続

プログラム変更、表示画面の確認・操作(VNC)、レシピファイルの読み出し・変更(FTP)、ロギングファイルの取得(FTP)など

他接続

画像センサの設定変更・撮像データの取得、ネットワークカメラの映像取得、パソコンのリモートデスクトップ接続、パソコンのファイル取得(FTP)