学研グループがメタバース空間「MetaLife」を開始、バーチャルオフィスなどに活用

株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社ベンドはメタバースの日常利用を目指して、バーチャルオフィスやオンラインイベントなどに利用できるメタバース空間「MetaLife」を公開した。

「MetaLife」では、アバター同士が近づくと自動でビデオと音声が繋がり、会話を始めることが可能だ。これにより、「ちょっとした雑談」や「気軽な質問」をリアルタイムで行うことができる。

また、「会議室」や「全体アナウンス機能」、「メモやホワイトボードの共有」などの機能をブラウザで利用することができ、機器の購入やダウンロードなどは不要だ。

学研グループがメタバース空間「MetaLife」を開始、バーチャルオフィスなどに活用
会議室に集まって会議をしている様子

なお、25名以内の集まりであれば、全ての機能を無料で利用することができる。