センスウェイと長谷工、LPWAを活用して一元管理する「建設現場内環境センシングシステム」を開発

センスウェイ株式会社と株式会社長谷工コーポレーション(以下、長谷工)は、建設現場内の環境をLPWAの一種であるLoRaWAN対応センサーを通して一元管理するシステム「建設現場内環境センシングシステム」を開発した。

同システム活用の第一弾として長谷工では、今夏よりWBGT(暑さ指数)(※)センサーの運用による熱中症対策を開始している。従来、熱中症対策のため建設現場では、WBGTセンサーを設置して一日数回所定の場所で作業者がWBGT値を計測していたが、同システムの導入により、いつでもどこでも関係者全員がWBGT値を確認できるようになった。

また、管理システムの地図上に全建設現場の状況を表示することができる為、本部事務所で一元管理が可能となった。長谷工の各建設現場においては、一日あたり約一時間の労務削減を見込んでいる。

センスウェイと長谷工、LPWAを活用して一元管理する「建設現場内環境センシングシステム」を開発
本部管理画面 地図表示(イメージ)
さらに、PCのブラウザ表示のみでなくiOS専用アプリにも対応したことで、PCにアクセスしなくてもiPhoneから直接システムを確認することができる。WBGT値が一定の数値を超えた際は、アラートがiPhoneのプッシュ通知としても届くため、熱中症発生予防への迅速なアプローチが可能となる。これにより、今まで以上にリアルタイムでの現場環境の変化を確認することができるようになり、作業員の安全性向上に寄与する。
センスウェイと長谷工、LPWAを活用して一元管理する「建設現場内環境センシングシステム」を開発

センスウェイと長谷工、LPWAを活用して一元管理する「建設現場内環境センシングシステム」を開発

※ WBGT(Wet Bulb Globe Temperature):熱中症予防を目的として提案された指標、湿球黒球温度。体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい湿度、日射・輻射など周辺の熱環境、 気温の3つの値を取り入れた指標。