BBソフトサービス、就寝状況をトリガーに家電を操作できる「+Style 睡眠チェッカー」を販売開始

BBソフトサービス株式会社は、スマート家電・デバイスを企画や販売を行うプラススタイル事業(以下、+Style)において、睡眠データの計測や家電との連携ができる「+Style 睡眠チェッカー」の販売を開始した。

+Style 睡眠チェッカーは、睡眠時間や睡眠レベルを可視化できる非ウエアラブルタイプの睡眠トラッカーである。ベッドや敷布団のシーツの下に敷いて寝るだけで心拍数・呼吸数・寝返り数などのデータを計測し、睡眠の質や深さを計算して睡眠改善のためのアドバイスを行う。+Style製品と連携させると睡眠導入時、睡眠中、起床といったステータスによる家電のコントロールも可能だ。

また、腕時計式などのウエアラブルタイプの睡眠トラッカーとは違い、就寝中の装着感が気になるという人も利用することができ、計測された睡眠データはスマートフォンのアプリから確認でき、一日の詳細な睡眠状況や週・月ごとにグラフ化された睡眠スコアなどの数値の変化を簡単にチェックできる。自身の睡眠状態を知るだけでなく、Wi-Fiに接続することで離れて暮らす家族の様子を起床時間や睡眠リズムから把握できるなど、遠隔での見守りの用途でも役立つ。
BBソフトサービス、就寝状況をトリガーに家電を操作できる「+Style 睡眠チェッカー」を販売開始
さらに、+Style家電と連携することで、生活スタイルに合わせたシーンを作ることができる。「+Styleマルチリモコン」や「+Styleスマートカーテン」と連携すると、起床時に自動でカーテンを開いてテレビがONになり、「+Style LEDシーリングライト」と連携すると、睡眠に入ったことを検知したときに照明がオフになるといった設定も可能だ。

なお、+Style 睡眠チェッカーの通常販売価格は、15,800円(税込)である。