WACUL、Webサイトを分析する「AIアナリスト」にURLの入力だけでページの課題を見つける新機能追加

株式会社WACULは、Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に、指定したWebページの課題を発見する「調査機能」を追加した。

調べたいページのURLを入力すると、人工知能がデータを集計して、該当ページの課題を教えてくれるという。

例えば、以下の画像のように”/menber/” が見られた場合、CVR(会員登録などの目標につながる確率)が2.9倍になるという結果が出た。その反面、全訪問者のうち22.8%は該当ページを見ていないという課題も出ている。そのため、”/member/”のページがより見られるように改善するべきと判断できる。
 
WACUL、Webサイトを分析する「AIアナリスト」にURLの入力だけでページの課題を見つける新機能追加

 

下記のような、Webサイトに関する疑問がある場合に、同機能によって簡単に調べることができる。

  • 新しく特集ページを作ってみたけど、効果は出ているかな?
  • ページを新しくしたいけど、どんな改善をすればいいかな?

 

人工知能「AIアナリスト」とは

株式会社WACULが提供する、人工知能によるサイト分析ツール。

Googleアナリティクスを連携するだけで、人工知能がWebサイトのデータを集計し、改善提案を行う。

2015年4月のリリースより、現在に至るまで3,000サイトで利用されている。

 

【関連リンク】
ワカル(WACUL)
AIアナリスト
AIアナリスト>調査機能

Previous

Fenox Venture Capital、Emotion AI企業のAffectivaが1400万ドル(約15億円)の資金調達を発表

タレンタ、ウェブ面接プラットフォームHireVueによるAI人材の採用面接に関する導入事例を公開

Next