エンルートとLabRomance、画像処理による自動追尾型ドローン捕獲用ドローン開発

株式会社 エンルートと、LabRomance株式会社は、画像処理を用いた自動追尾型ドローン捕獲用ドローンの開発を行った。

画像処理による、ドローン捕獲用機体

捕獲用ドローンが、ターゲット機体を画像処理でロックオンし自動追尾し捕獲するシステム。

捕獲用ドローンにはワイヤーが吊り下げられており、飛行中のターゲットドローンを捕獲する。

目視でドローンを操作し、ターゲットを追尾して捕獲するのは、距離感などがつかみづらく至難の技であった。

この捕獲用ドローンは、ターゲットの上空から画像情報により自動で追尾しターゲットドローンを捕獲する。

今後、自動離陸や待機充電などのカスタマイズ対応も行うという。

 

【関連リンク】
エンルート(ENROUTE)
LabRomance

Previous

富士フイルム、人工知能を用いて患者ごとの体内の立体構造をより正確に描出する画像処理技術を新開発

ドコモ・ヘルスケア、島根発の「通勤」と「ウェアラブル端末」を活用した健康促進事業を開始

Next