Telit、IIoTアーキテクチャ開発に向け横河電機と協業

Telit Wireless Solutionsは、産業オートメーション/制御、試験/計測、航空などを手掛ける横河電機株式会社と協業していると発表した。これにより両社は、つなぐ未来を目指す横河電機のビジネスモデルを推進する、まったく新しい産業用モノのインターネット(Industrial Internet of Things、IIoT)アーキテクチャを開発する。

通信モジュール、センサ組み込み、および機器管理機能に関するTelitの強固な技術ポートフォリオと、各種の機器、分析用計測器、その他の産業用ソリューションを100年以上にわたって供給してきた横河電機の経験を組み合わせることによって、横河電機は顧客に向けて新たな価値を提供できるようになる。

Telitは、以下の3つの重要な技術要素で横河電機のIIoTアーキテクチャ開発と協業する。

  1. 共通のフォームファクタにより、たった一つのハードウェア設計で全世界の展開に対応可能なワイヤレスIoT通信モジュールの広範なポートフォリオ
  2. 強固なセンサ組み込みを実現する多様な産業用ドライバとエッジアナリティクス機能
  3. 強力なコネクティビティーとデバイスマネジメント機能

Telitとの協業を通して、横河電機は計測、制御、およびクラウドベースの処理で構成されるクラウドソリューションをエンド・ツー・エンドのセンサに提供できるようになる。Telitのクラウドプラットフォームは、横河電機のマネージドクラウドアーキテクチャに接続される産業レベルの機器として機能し、多数の産業用センサとの双方向の機器互換性と制御を保証する。Telitは、無制限にカスタマイズ可能な機器のグループに適用されるアドホックまたはカスタムスケジュールを使用して、構成、プロビジョニング、および更新を含むシームレスなリモート機器管理機能を提供する。

Telitのテクノロジーは、横河電機のマネージドクラウドアーキテクチャとシームレスに統合し、産業用資産・機器から生じる数百万というイベントの極めて大規模な取り込みを可能にするという。

【関連リンク】
テリット(Telit)
横河電機(YOKOGAWA)

Previous

IoTを活用し、低コストで駐車場サービスができる「docomoスマートパーキングシステム」 - NTTドコモインタビュー

TechShare、組込み用Raspberry Pi Compute Module 3 開発キット国内出荷開始

Next