グローバルキャリアにおけるIoT Platform展開と、工場のすべてを「見える化」することの功罪 -NTTコミュニケーションズ インタビュー

(写真左:NTTコミュニケーションズ株式会社 技術開発部IoTクラウド戦略ユニット 経営企画部IoT推進室 兼務 担当部長IoT・エバンジェリスト 境野 哲氏/中央:同社 技術開発部担当部長 野村研仁氏/右:同社 経営企画部 IoT推進室 担当課長 金丸一誠氏)

NTTコミュニケーションズは、NTTグループ内でグローバルサービスやICTサービスを提供しており、従業員数は2万人ほどで約半数が海外だ。

同社によると、M2Mの時代から企業のキャリアへの期待度は高く、NTTコミュニケーションズ全体のケイパビリティを発揮し提供価値を高めるため経営企画部の配下にIoT推進室を置き、2016年度からIoT Platformサービスを提供している。

今回のインタビューでは、IoT戦略やサービスの概要に加え、「IoTによる業界の構造の転換が起きることに備え、R&Dの投資をしなければ競争に負けてしまう」という話も伺った。(聞き手:IoTNEWS代表 小泉耕二)

NTTコミュニケーションズが目指す IoT Platform

 
-御社のIoT Platformについて教えてください。

グローバルキャリアのIoT Platform展開と、企業の競争領域を残すIoT 戦略-NTT Comインタビュー
NTTコミュニケーションズ株式会社 経営企画部 IoT推進室 担当課長 金丸一誠氏

金丸氏(以下、金丸):  われわれの目指すIoT Platformで、強みの軸としているのが「セキュア・グローバル・マネージド」の3点です。

「セキュア」というのは安心してIoTのデータを預けられる、ということです。「グローバル」は国内で取り組みを始めたお客さまがスケールした時に、海外にもついていけるパートナーであること、「マネージド」というのは、安心してシステム設計・運用を任せていけるということです。

お客さまに実際にIoTを活用していただくためには、センサーからデータを取ってネットワークで流し、クラウドで蓄積して更にそれをデータ分析するなど、様々な構成パーツが必要になります。

これを毎回スクラッチで作り上げていくと時間もコストもかかるので、IoT Platformという形で最初から用意しておいて、なるべく手早く簡単に始めていただくのが、われわれの目指すIoT提案の一つの形です。

具体的には、下記図のようなアセットになっています。

グローバルキャリアのIoT Platform展開と、企業の競争領域を残すIoT 戦略-NTT Comインタビュー

金丸: われわれが特にこの1年半くらい注力してきたのは「Factoryパッケージ」で、製造業いわゆる工場系のユースケースです。日本の製造業に対して、ドイツで始まっているインダストリー4.0を日本版で実現していくような取り組みを進めています。

「Productパッケージ」は、機器の遠隔監視で、プレディクティブ・メンテナンスと言われるジャンルになります。「Vehicleパッケージ」は車両系で、テレマティクスのサービスを提供しています。

われわれはこういった形で業界別に特化した、いわゆるバーティカルなユースケースとして分かりやすい形でご提供しています。今あるユースケースを深めて磨いていきながら、新しいニーズにも今後対応していきます。

また、IoTの世界ではよく言われることですが、やはりエコシステムが重要だと考えています。ある業界別のユースケースに特化した時には、そこで強みを持っているパートナー企業と組んでお客さまに価値を提供していくことが大事だと考えています。

 
-FactoryパッケージとProductパッケージの違いをもう少し詳しく教えてください。

金丸: Factoryパッケージは工場そのものにフォーカスしており、Productパッケージは工場でできたものが出荷された後の、産業機器にフォーカスしています。

産業機器にフォーカスとは、例えば、これまで人手でやっていた室外機の保守メンテナンスを、わざわざ人が設置現場に行かなくても遠隔で実施できるようにするとか、実際にお客さま先に出荷した産業機器を、設置場所の工場に行かなくても外部からステータス管理ができるようにするという使い方です。IoTでは代表的なユースケースになります。

パートナリング事例 -SAP、三井化学

グローバルキャリアのIoT Platform展開と、企業の競争領域を残すIoT 戦略-NTT Comインタビュー

金丸: パートナリングの具体例としてSAP社との事例をご紹介します。

バイタルデータを収集・分析する部分をわれわれのR&Dで開発していますので、その技術を使ったソリューション事例です。東レ社とNTT研究所とが共同開発した機能素材“hitoe”を利用したウェア型生体センサーを、バス等の運転手に着ていただいて心拍データを取得し、分析アルゴリズムで解析します。これらを高速に分散処理する基盤も用意しています。

このようなバイタルデータと、SAP社側で取得する車両の運行データをマルチモーダルに分析してビジュアライズし、安全な運行管理につなげます。

 
-具体的には何を見ることができるのでしょうか。

金丸: 分析結果から疲労度やヒヤリハットの傾向を見ることができます。実際に実証実験でウェアを着用して運行していたドライバーさんにインタビューをしてみると、「実は、少し休憩から時間がたって、ちょうど疲れてきたところだった」だとか、「飛び出してきた人がいて、ドキッとした時だった」といった分析結果の裏付けとなるコメントをいただきました。

このケースではドライバーに随時状況を聞かなくても、運行管理者が疲労度などを察知して、事前にアラートを出すということができるので、安全運行につながると考えます。

 
-なぜSAP社を選ばれたのでしょうか。ERPとして使ったわけではないのでしょうか。

金丸: SAP社で持っている車両の挙動収集分析やデータ解析のユーザーインタフェースは、われわれが強みとしているバイタルデータ分析と統合してソリューションとするのに最適でした。ERPとして使うのではなく、お互いのアセットをAPIで連携して提供する形になります。

もう一つ、先進的な取り組みの事例として、こちらは三井化学社との事例になります。

グローバルキャリアのIoT Platform展開と、企業の競争領域を残すIoT 戦略-NTT Comインタビュー

金丸: お客さまから期待されるIoTの活用レベルが上がってきています。われわれがIoTの専任組織を作った当初は「まずデータを見える化することが大事」と言われていたのですが、最近は、「見える化よりもさらに先の段階に取り組みたい」という声が多くなってきています。そういったご要望にお応えした実績がこちらになります。

三井化学社のプラントでは、複数の原料を反応させてガスの製品を製造しています。この反応炉の温度・圧力・流量などのセンサーデータをわれわれのディープラーニングリソースを使って解析することにより、20分後の最終成果物の品質を予測したりするということを実現しています。

 
-私の感触では、まだ割とPoCで「とりあえず見てみたい」という話が多いと感じています。

金丸: それはおっしゃとおりです。ただ、データが集まった先に何ができるのかという議論がまずあります。そこから「ではその目的のために必要なのは、まず見える化」ということで、PoCに進むアプローチが必要になっているのだと思います。

 
-なるほど。話をされる方は経営に近い方が多いのでしょうか。

金丸: そうですね。やはりIoTの文脈ですと経営課題の解決に活用できないかということでボトムアップ型よりもトップダウン型が多く、いわゆるCxOと言われる方々とお話しする機会も多くなってきています。

 
-パートナーを選定される基準を教えてください。

金丸: 業界で実績があることや、お客さまにとって価値がある製品を提供していることが非常に大事だと思っています。

われわれのビジネスとの親和性も重要です。例えば、ある業界のトップ企業とビジネスをしたら同じ業界で水平展開しませんというビジネススタイルの企業とは、かなり商習慣が異なりますので。

境野氏(以下、境野): 若干補足すると、NTTコミュニケーションズのグローバルクラウドの上でソフトウェアを動かすというクラウド型の提供の仕方にも合意いただけるソフトウェアベンダーさんと一緒にビジネスをしていきたいと思っております。

グローバルキャリアのIoT Platform展開と、企業の競争領域を残すIoT 戦略-NTT Comインタビュー
左手前:NTTコミュニケーションズ株式会社 技術開発部IoTクラウド戦略ユニット 経営企画部IoT推進室 兼務 担当部長IoT・エバンジェリスト 境野 哲氏/左中央:同社 技術開発部担当部長 野村研仁氏/左奥:同社 経営企画部 IoT推進室 担当課長 金丸一誠氏/右奥:IoTNEWS 代表 小泉耕二

次ページは、「IoT Platformのコア」

Previous

トヨタとNTT、コネクテッドカー向けICT基盤の研究開発で協業

IoT人気記事ランキング MWC2017アクセンチュアデジタルの見せた近未来、イッツコムのインテリジェントホームなど [3/20~3/26]

Next