競合乱立の本命となるか?IoT社会を実現するSigFoxの技術

SigFoxという会社をご存知だろうか?

フランスにあるベンチャー企業で、NTTドコモ・ベンチャーズも出資している会社だ。

この会社、なにがすごいかというと、IoT社会に必須といわれている、低消費電力、低コスト、汎用性が望まれる、小型通信デバイスの分野において、すでにヨーロッパで200万平方kmをカバーしているという実績がある。

SigFox社に対する「スマートシティー」への期待は大きく、自転車や水道管、自転車、消火栓、煙探知機などなどをインターネットにつなぐ動きも検討されており、最近では、1億1500万米ドルの資金調達をしたということで、世界的にはとても話題になった。

参考:Sigfox raises France’s biggest VC round ever at $115M to expand its IoT wireless network

どれくらい低消費電力かというと、電池をいれると、5〜20年は取り替えが不要だというのだ。

ユーザは、0〜140のメッセージを送信することができて、各メッセージは最大12バイトのデータを送ることができるということだ。

インターネットで動画などを見ている人たちからすれば、「そんな少ないメッセージ量!」と思うかもしれませんが、これはあくまでIoT社会の実現のためなので、なんらかの機器から発信されるデータ量のことなので、決して少なくはない。

想定されている分野も多岐にわたり、農業、自動車、建築、家電、災害機器、ヘルスケア、スマートビル、工場、小売、スマートシティー、ユーティリティとほぼ全ての分野を網羅的にカバーしようという考え方のようだ。

そのためのパートナー選びも進んでおり、多くの企業とのパートナーシップと資金力で世界にIoTのネットワークを広げていこうと意欲的だ。

 

この分野は、マーケットサイズもかなり大きいため、各国の通信会社も狙っている。

今後IoT社会を支えるインフラとなる、注目候補のうちの一社であることは間違いない。

参考:
SIGFOX

Previous

デザインがきれいなヘルストラッカー

洋服をこすって電話をかける

Next