Toyota Research Institute、人工知能/ロボティクス/自動運転・モビリティサービス/データ・クラウド技術分野でベンチャー投資を行うベンチャーキャピタルファンドを設立

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)の子会社で、米国で人工知能等の研究開発を行っているToyota Research Institute, Inc.(以下、TRI)は、1億ドルを投じ、ベンチャー企業への投資を目的としたベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表した。

同ファンドは、TRIが設立する新会社「Toyota AI Ventures」が運営し、人工知能、ロボティクス、自動運転・モビリティサービスおよびデータ・クラウド技術の4分野で、設立から間もない有望ベンチャー企業への投資を行っていくという。また、米国カリフォルニア州のTRI本社で助言やサポートを提供することを通じ、選り抜きのベンチャー企業の育成支援も企図。これらにより、ベンチャー企業を指向する優秀な人材とも協力する機会を得ることができるという考えだ。

同ファンドの運営は、TRIの研究開発業務から分離した投資知識や経験の豊富な専属マネジメントチームにより、リスクやリターンを伴うベンチャー企業投資において意思決定を迅速に行っていくという。また、投資先候補から様々な提案を受けて投資先を決定するだけではなく、自ら研究開発における重要な課題を特定し、その解決を図るための起業を支援する投資モデルも模索していくとした。

なお同ファンドは、まずはTRIが実施済みの以下の3社に対する投資を引き継ぐが、今後さらなる投資先を検討していくという。

社名 概要
Nauto
  • カリフォルニア州「シリコンバレー」を本拠とするIT企業で、事故防止に向けドライバーの運転行動や道路環境をモニタリングし、運転行動の向上などにつなげるシステムを企業向けに提供。
  • AI搭載のセンサーを組み合わせたデバイスをフロントガラス裏に取り付け、車内外の様々な視覚情報を入手することで、有益なデータや知見を提供する。
  • TRIは2016年8月、Nautoが実施した総額1200万ドルの資金調達に、出資元の一つとして参加。
SLAMcore
  • 自動運転車やドローンなどの技術が周辺地図情報、位置情報を生成するためのアルゴリズムを開発する英国企業。こうした情報の生成に必要な電力量を極力抑えることで、エネルギーを走行や飛行に最大限使えるようにすることを目指している。
  • TRIは2017年3月、同社の資金調達に、出資元の一つとして参加。
Intuition Robotics
  • イスラエルに拠点を置き、一人暮らしの高齢者等が自宅にいながら家族や友人と交流できるロボット「ElliQ」などを開発。直観的に操作できる技術の開発を通じ、高齢者がアクティブに生活できる社会の実現を目指している。
  • TRIは2017年5月に、Intuition Roboticsが実施した総額1400万ドルの資金調達に、出資元の一つとして参加。

【関連リンク】
トヨタ(TOYOTA)
Toyota AI Ventures
Nauto
Intuition Robotics

Previous

日立システムズ、製造業向けに「統合資産管理サービス 設備部品・予備品管理モデル」を販売開始

FPTとシーメンス、IoTオペレーティングシステム「MindSphere」で協業

Next