PLOTT AR技術を使ったリアルとバーチャルの融合 ーCES2018レポート6

ラスベガスで開催されているCES2018レポートの第六弾は、ARをつかったデバイスの紹介だ。

壁に絵画を貼りたい、壁掛けテレビをつけたい、といった場合、実際にどの場所に配置すれば良いかを正確に測定することは難しい。

通常であれば、壁の正確な図面を測定して作り、その上で、位置決めをしたら、その位置のデータから実施の壁の場所を決めるという面倒な流れが必要だろう。

そこで、このPLOTTは、スマートフォンアプリで壁の写真を撮り、その画面上で位置を決める。そして、この丸いデバイスを壁に沿わせるだけで位置を決めらるという優れモノなのだ。

CES2018 PLOTT

スマートフォンの画面に、四角いマーカーが付いているのがわかるが、これが例えば絵画のおきたい位置だ。このマーカーは、指で簡単に移動させることができる。マーカーを移動して実際の壁のどこにどんな風に配置したいかをアプリ上で決める。

そして、この位置を実際の壁ではどこになるのかというのを右側の丸いデバイスで測るのだ。

よく見ると画面の中に矢印が出ているのだが、わかるだろうか。この矢印が、上を向いているときは、デバイスを上に上げていく。行き過ぎると矢印は下を向く。

CES2018 PLOTT

バーチャル上で設定した位置とリアルの位置が一致したら、上の写真のように画面が変化する。

 
位置決めについては、ARの技術を使ってリアルとデジタルの世界を融合しているのだという。

ARの面白い利用方法だと言えよう。

参考:PLOTT

CES2018特集
1. モビリティからスマートシティを実現する、フォードの取り組み
2. 2018年に注目すべき3つの技術カテゴリー
3. HUAWEIの新スマートフォンMate10Proとスマートホームソリューション
4. スマートホームはハブ化の流れへ
5. VIAROOM HOME フランス発インテリジェントハブ
6. PLOTT AR技術を使ったリアルとバーチャルの融合
7. 5Gは未来を可能にするのか、クアルコム・百度・ベライゾン、トップの想い
8. 日本のユニークなセンシング技術を集結
9. ソースネクストの自動翻訳「POCKETALK」を試す
10. クアルコムのモバイルAIへの対応と最新プロセッサーの力
11. 「移動の再定義」が具体的に始まる日は近い
12. Intelの5Gを意識した取り組みと有人飛行のドローン
13. VR用素材を美しく作る、コダックの4K対応360°カメラ
14. 不在時の宅配物を守るIoTロックシステム
15. SONYは、スマートホームとaibo、車載イメージセンサー技術などで技術力をアピール
16. サムスンは生活シーンを意識したつながる家電を展示

Previous

VIAROOM HOME フランス発インテリジェントハブ ーCES2018レポート5

5Gは未来を可能にするのか、クアルコム・百度・ベライゾン、トップの想い ーCES2018レポート7

Next