SONYは、スマートホームとaibo、車載イメージセンサー技術などで技術力をアピール ーCES2018レポート15

ラスベガスで開催されていたCES2018レポートの第15弾はソニーのブースからだ。

最近、技術的に意欲的な製品を出すことが多いソニー。今回も、高精細なテレビや、ノイズキャンセリングヘッドセットなど、様々な展示がされていた。

IoTとしては、入り口すぐに展示されていた、Google Assistant連携をしたテレビとスピーカーが、様々なスマートデバイスと接続するという展示があった。

現在75型などの大型テレビが売れているという米国にあって、テレビに音声応答スピーカーの機能をつけるという取り組みは必須となるはずだ。

CES2018 SONY

また、日本では先日公開された、イヌ型ロボットのaiboだが、世界では今回初公開となり話題を集めていた。

CES2018 SONY

イヌらしい動きを取り込んでいて、飼い主が撫でると座ったり、話しかけると頭を向けたりと、細かな演出がされていた。

CES2018 aibo2
CES2018 aibo-1

そして、コネクテッドカーの分野で、人の眼を超えるイメージセンサーが「クルマの眼」となるといった、高精度の画像処理技術を披露していた。

CES2018 SONY

要素技術から完成されたロボットまで、様々分野、視点での「技術力」を見ることができた。

CES2018特集
1. モビリティからスマートシティを実現する、フォードの取り組み
2. 2018年に注目すべき3つの技術カテゴリー
3. HUAWEIの新スマートフォンMate10Proとスマートホームソリューション
4. スマートホームはハブ化の流れへ
5. VIAROOM HOME フランス発インテリジェントハブ
6. PLOTT AR技術を使ったリアルとバーチャルの融合
7. 5Gは未来を可能にするのか、クアルコム・百度・ベライゾン、トップの想い
8. 日本のユニークなセンシング技術を集結
9. ソースネクストの自動翻訳「POCKETALK」を試す
10. クアルコムのモバイルAIへの対応と最新プロセッサーの力
11. 「移動の再定義」が具体的に始まる日は近い
12. Intelの5Gを意識した取り組みと有人飛行のドローン
13. VR用素材を美しく作る、コダックの4K対応360°カメラ
14. 不在時の宅配物を守るIoTロックシステム
15. SONYは、スマートホームとaibo、車載イメージセンサー技術などで技術力をアピール
16. サムスンは生活シーンを意識したつながる家電を展示

Previous

不在時の宅配物を守るIoTロックシステム ーCES2018レポート14

サムスンは生活シーンを意識したつながる家電を展示 ーCES2018レポート16

Next