Intelの5Gを意識した取り組みと有人飛行のドローン ーCES2018レポート12

ラスベガスで開催されているCESレポートの第12弾は、intelについてだ。

有人飛行のドローン

CES2018 Intel

インテルの基調講演でも発表されていた、有人飛行のドローンだが、実物が展示されていた。

二人乗りで、コックピットを見ると、操縦かんらしきものがない。しかし、これで実際に飛んだというからすごい。問題発生時は操縦士は全くリカバリーできないのだから、自動運転のクルマに乗るよりよほど怖かったのではないだろうか。

CES2018 Intel

250機ものドローンを自律制御して、ベラージオの湖面を彩る

CES2018 Intel ドローン@ベラージオ

ドローンといえば、もう一つ、インテルのプロセッサーを使って、250機のドローンを自律制御し、ベーラジオホテルの前にある噴水で、噴水ショーと一緒にドローンの編隊で夜のラスベガスを彩っていた。

CES2018 Intel ドローン@ベーラジオ2

簡単そうに見えるが、よほど緻密に制御しないと、隣のドローンにぶつかったりするのではないかとヒヤヒヤさせられるくらい複雑に飛ぶ。

最後、インテルのロゴに輝いた時は、歓声があがったくらいだ。

5Gの展示はソーシャルネットワーク上でVRを楽しむというデモ

CES2018 Intel
5Gについては、デモ環境を会場に構築してVRをつかってインターネット上のコンテンツにアクセスするというデモが行われていた。

通信をしてもリアルタイムにVR上でのやりとりができるということだ。

CES2018 Intel

昨年5G用のモデムチップを商用リリースしているインテルなので、2018年はこの領域もどんどん開発していくはずだ。

コネクテッドカーに向けた展示や、AIを活用した展示も

CES2018 Intel

BMWのクルマに搭載された様々なセンサーも展示したり、

CES2018 Intel

多くのクルマの中から、あるクルマだけを追尾してカメラの視点切り替えを行う技術など、インテルらしい全方位の対応力をアピールするような展示であった。

CES2018特集
1. モビリティからスマートシティを実現する、フォードの取り組み
2. 2018年に注目すべき3つの技術カテゴリー
3. HUAWEIの新スマートフォンMate10Proとスマートホームソリューション
4. スマートホームはハブ化の流れへ
5. VIAROOM HOME フランス発インテリジェントハブ
6. PLOTT AR技術を使ったリアルとバーチャルの融合
7. 5Gは未来を可能にするのか、クアルコム・百度・ベライゾン、トップの想い
8. 日本のユニークなセンシング技術を集結
9. ソースネクストの自動翻訳「POCKETALK」を試す
10. クアルコムのモバイルAIへの対応と最新プロセッサーの力
11. 「移動の再定義」が具体的に始まる日は近い
12. Intelの5Gを意識した取り組みと有人飛行のドローン
13. VR用素材を美しく作る、コダックの4K対応360°カメラ
14. 不在時の宅配物を守るIoTロックシステム
15. SONYは、スマートホームとaibo、車載イメージセンサー技術などで技術力をアピール
16. サムスンは生活シーンを意識したつながる家電を展示

Previous

Alibaba A.I. Labs、スマートホーム分野でMediaTekとの戦略的協力を発表

VR用素材を美しく作る、コダックの4K対応360°カメラ ーCES2018レポート13

Next