インフォコーパス、「IoTプラットフォームSensorCorpusワークショップ」を開始

IoT事業を手がける株式会社インフォコーパスは、「IoTプラットフォームSensorCorpusワークショップ」を開始する。2016年1月より毎月定期的に開催する。

現在、企業でIoTを導入しようという機運が急速に高まっているが、IoTエンジニアに必要とされる技術はセンサー、ゲートウェイに関することだけでな く、デバイス管理、センサーデータ管理、IoT利用者の管理、アプリケーション・サービス連携、セキュリティ管理(プライバシー強化技術を含む)等さまざまな技術が必要とされ、これらはIoTプラットフォームを利用する際にも必要とされる。

そこで、インフォコーパスでは「IoTプラットフォームSensorCorpusワークショップ」と題して、今後のIoTエンジニアに必要なこれらの技術についてIoTプラットフォームSensorCorpusを用いて解説していく。

 

【「IoTプラットフォームSensorCorpusワークショップ」の構成】

・今後のIoTエンジニアに必要とされるIoTスキルフレームワークについて
・IoTプラットフォームを利用する上での必要な技術の解説とSensorCorpusのデモ
・IoTプラットフォームにゲートウェイやセンサーを接続する際の開発の勘所

 

【第1回目の「IoTプラットフォームSensorCorpusワークショップ」】

第1回目の「IoTプラットフォームSensorCorpusワークショップ」は、日本サード・パーティ株式会社協賛の下、以下の概要にて開催。

日時:2016年1月29日(金) 13:30~16:30
場所:日本サード・パーティ トレーニングセンタ(品川区御殿山会場)
受講料:無料
申込はこちらのサイトから。

 

*SensorCorpus: インフォコーパスが提供するIoTプラットフォーム。センサーやゲートウェイのデバイス管理、センサーデータの管理、IoT利用者の管理、アプリケーション・サービス連携を実装。

 

【関連リンク】
インフォコーパス
日本サード・パーティ

Previous

NSW、NTTドコモ向けにIoTクラウドサービスを開発。サーバアプリ開発不要、直感的操作を実現する「Toami for DOCOMO」がスタート。

センサの世界出荷数量は、2年連続で二桁以上のプラス成長

Next