内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ソフトバンクの「プライベート5G」の対応端末として、住友電工が開発中の産業用5G端末を提供

ソフトバンク株式会社と住友電気工業株式会社は、5Gを活用したスマート工場の実現に向けて協業を開始する。

この協業により、ソフトバンクが2023年3月29日に提供を開始した、個別にカスタマイズした5Gネットワークを提供する法人向け5Gマネージドサービス「プライベート5G」の対応端末として、住友電工が開発中の産業用5G端末(トップ画)を、2024年をめどに提供する予定だ。

住友電工製の産業用5G端末は、工場内のさまざまなセンサや設備、カメラとの接続インターフェースを備え、5Gミリ波にも対応している。

防じん・防水機能を有し、環境条件の厳しい工場や屋外でも使用可能だ。

加えて、エッジ処理のために、一つのOS上にコンテナと呼ばれる複数の独立空間を形成し、そこでそれぞれアプリケーションを動かすことができる「コンテナ型仮想化」のプラットフォームを採用しており、5G端末とは異なるOS上で開発したアプリであっても搭載・実行することができる。

また、産業用5G端末に加えて、住友電工の独自技術である、AIによる映像圧縮・解析ソリューションなどを活用して、住友電工グループをはじめとする生産現場のDXを進めていくとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録