内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

キヤノン、4Kリモートカメラのコントローラー最上位モデルと大規模システム向けの管理アプリを拡充

映像コンテンツの増加にともない、制作作業の効率化や省人化に寄与する、リモートプロダクションが拡大している。

キヤノン株式会社は、リモートカメラシステムの新製品として、リモートカメラコントローラーのハイエンドモデル「RC-IP1000」を2023年12月中旬に発売する。また、複数台のカメラやコントローラーを一括で管理するPCアプリ「マルチカメラマネジメントアプリ」の無償提供を2023年11月下旬に開始する。

RC-IP1000は、リモートプロダクションで必要とされる操作性を追求しながら様々な機能を備えた専用コントローラーで、放送局を中心とした映像制作やイベント配信など、あらゆる場面で制作者のニーズに対応する。

機能をダイレクトに実行できる操作ボタンやダイヤルを操作しやすい間隔・角度で配置するとともに、視認性の高い7インチのタッチパネルを搭載し、快適な操作性を実現した。

インターネット上で情報のやり取りをする際の通信方式であるIP(Internet Protocol)とシリアル制御の双方に対応し、リモートカメラのパン、チルト、ズーム操作やフォーカス、露出、ホワイトバランスなどを遠隔で設定・調整することができる。

また、放送業界で主流の12G-SDIによる4K/60Pの映像入出力に対応するほか、IPによる映像入力とHDMIによる映像出力に対応している。カメラからIPで入力された映像は、タッチパネル上で一画面に最大9台まで表示でき、複数台のカメラを同時に操作可能だ。最大200台までのカメラ接続が可能で、大規模なシステム制御にも対応する。

一方のマルチカメラマネジメントアプリは、カメラの初期設定や管理を一括で簡単にできるようにすることで、大学の講義配信やコンサートのライブ中継をはじめとした多数のカメラやコントローラーを使用する場面で活躍する。リモートカメラシステムの製品ラインアップを拡充することで、リモートプロダクションの利便性向上に貢献する。

用途に合わせて最大200台までのカメラやコントローラーを一括で管理する。従来1台ずつ実施する必要があった、カメラへの管理者名/パスワード、IPアドレスの登録や、コントローラーへのカメラ登録などを1つのアプリ上で実行できるため、大規模システムにおいても手間をかけずに初期設定を行うことができる。カメラの映像や接続状態が一覧表示でモニタリングでき、ファームウエアの更新、再起動、初期化などのメンテナンス作業にかかる負荷を軽減する。
キヤノン、4Kリモートカメラのコントローラー最上位モデルと大規模システム向けの管理アプリを拡充

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録