内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

日本エイサー、独自のアルゴリズムで重さを変えられるトレーニング機器「Smart Home GYM」を提供

日本エイサー株式会社は、AcerのもうひとつのブランドAOPEN(エーオープン)より、トレーニング機器「Smart Home GYM(スマートホームジム)」の取り扱いをスタートする。

「Smart Home GYM」は、独自のアルゴリズムや内蔵モータが搭載されており、0.5kg単位で最大120kg(片側60kg)まで専用アプリで可変できるスマートトレーニング機器だ。

これにより、トレーニング時1.67㎡のコンパクト設計を実現しており、省スペースでトレーニング機器を設置することができる。また、2つに折りたたむことで0.40㎡にすることが可能だ。

日本エイサー、独自のアルゴリズムで重さを変えられるトレーニング機器「Smart Home GYM」を提供
2つに折りたたむことで0.40㎡になる。

トレーニング方法は、「スミスマシン」「ウエイトベンチ」「ローイングマシン」「ケーブルクロスオーバーマシン」「ダンベル/バーベル」の5つのトレーニング方法を再現することができる。

また、「スタンダードモード」のほか、引き下げる負荷が引き上げる負荷よりも大きくなる「エキセントリックモード」、運動速度を一定にして筋肉に負荷をかけ続ける「アイソキネティックモード」の3種のモードを切り替えることができる。

重さは本体のディスプレイまたは専用アプリから0.5kg単位で調整が可能。左右60kgずつの、最大120kgまで調整することができる。

日本エイサー、独自のアルゴリズムで重さを変えられるトレーニング機器「Smart Home GYM」を提供
専用アプリで重さを変えている様子

なお、「Smart Home GYM」は、クロステックスポーツ株式会社が運営するトレーニング・フィットネス用品ブランド「FIGHTING ROAD(ファイティングロード)」とのパートナーシップにより、2023年5月26日よりクラウドファンディングサイトのGREEN FUNDINGにて販売される。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録