内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ユビキタスAI、スマートホーム規格「Matter」と「ECHONET Lite」とのブリッジ機能を提供

Connectivity Standards Allianceによって策定されたスマートホームの共通規格である「Matter」と、既に国内市場で普及が進んでいる通信仕様「ECHONET Lite」は、相互互換性がないために接続することができなかった。

そこで株式会社ユビキタスAIは、「Matter」の対応デバイスと、「ECHONET Lite」の対応デバイスをつなぐブリッジ機能を開発した。

このブリッジ機能は、同社の組込み環境に向けた、ECHONET Lite対応ソフトウェア開発キット「Ubiquitous ECHONET Lite SDK」に搭載して、2023年10月13日から提供を開始する。

このブリッジ機能を搭載した「Ubiquitous ECHONET Lite SDK」を利用することで、Matter標準仕様ではサポートされていないECHONET Lite機器を、ブリッジで使用することができる。

なお、このブリッジ機能は、NXP SemiconductorsのMCUを内蔵した、Matter対応の「トライラジオ・ワイヤレス・マイクロコントローラ RW612」を採用した村田製作所製Type 2FR向けの開発も進めている。

これにより、ホストプロセッサやホストマイコンなどを使わずに、Type 2FRの環境にブリッジ機能を実現することができる。

また、Amazon AlexaやGoogle Home対応スマートスピーカーなどのMatter規格対応コントローラからも、「ECHONET Lite」対応のスマート家電やスマートエナジー関連機器を操作することが可能だ。

ユビキタスAIは、2023年10月17日〜20日に幕張メッセで開催される「CEATEC 2023」の村田製作所ブースにおいて、「Ubiquitous ECHONET Lite SDK Matterブリッジ対応版」を搭載した機器を展示する。

加えて、NXP Semiconductors製の、Matter対応トライラジオ・シングルチップ・ソリューションlW612を採用した、村田製作所社製Type 2ELのWi-Fi機能をブリッジ機器として使用し、「Matter」のネットワークから「ECHONET Lite」の機器を制御するデモを紹介する。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録