内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

前田建設、MODE IoTプラットフォームを導入しダム工事の作業量を50%以下に削減

MODE, Inc.は、MODE IoTプラットフォームを活用している、前田建設工業株式会社の活用事例を公開した。

この活用事例によると、前田建設は、地盤の性状把握のため、複数のデータを比較検討する際の業務効率化を目的に、新潟県柏崎市に建設中の「鵜川ダム」にMODE IoTプラットフォームを導入した。

鵜川は過去に何度も氾濫を繰り返し、周辺地域は浸水被害を受けてきたのだという。

鵜川ダムの基礎処理では、地盤の性状を把握するため、「複数の間隙水圧計データ」と「グラウチング施工データ」を活用している。

しかし、これら2種類のデータ集計において、「ダム内に複数ある間隙水圧計のデータは、内部メモリに保存されるため、回収作業が必要」「回収作業に時間をかけられないので、月に一度しか回収できない」「紙ベースの帳票の突き合わせに時間がかかる」「バラバラのデータを見ているので相関関係がわかりにくい」などの課題があった。

そこで、MODE IoTプラットフォームを導入し、各データをインターネットに接続してリアルタイムにデータ収集を行った。

データは一つのプラットフォーム上にデータ保管され、ダッシュボード化して複数データを1画面でリアルタイムに表示することができる。

前田建設、MODE IoTプラットフォームを導入しダム工事の作業量を50%以下に削減
MODEを使ったデータ活用イメージ

これにより、作業量は50%以下に削減。また、各データの相関関係の把握や分析が可能になり、データの比較検討作業の簡略化も実現した。

さらに、これまで月1度であったデータを回収がリアルタイムに確認できるようになったことにより、作業効率向上に加え、工事そのもののリードタイム短縮、早期対策が可能になったのだという。

前田建設、MODE IoTプラットフォームを導入しダム工事の作業量を50%以下に削減
画面イメージ

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録