内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

大林組とKDDIスマートドローン、Starlinkと自動充電ポート付きドローンを活用し現場監理業務を80%削減

株式会社大林組とKDDIスマートドローン株式会社は、Starlinkと自動充電ポート付きドローンを活用し、現場監理業務を削減するシステムを開発し、実証実験を行った。

この実証実験で両社は、自動充電ポート付きドローンが目視外で自律飛行し、建設現場および既存インフラの巡視、点検、計測、異常検知を自動で行うことができるドローンシステムの開発を行った。

そして、三重県伊賀市の川上ダムに自動充電ポート付きドローンを設置し、開発したシステムでドローンを自律飛行させることで、ダム建設における現場監理の効率化に資するかの検証を実施した。

具体的には、KDDI株式会社が提供する衛星通信「Starlink」をバックホール回線としたauエリア構築ソリューション「Satellite Mobile Link」による通信環境の整備を行った。

そして、自動充電ポート付きドローンによる、定期的な監視・測量フライトの実施し、地震発生時を想定した、自動充電ポート付きドローンによるダムおよび貯水池の状況把握を行った。

また、撮影した写真を基にした3次元点群モデルの生成と、大林組が活用する技術「CPS(Cyber Physical System)」で管理を行い、撮影した画像のAI画像判定による建設現場の進捗状況を判定した。

大林組とKDDIスマートドローン、Starlinkと自動充電ポート付きドローンを活用し現場監理業務を80%削減
「CPS」の画面イメージ

その結果、建設現場および既存インフラの巡視、点検、計測、異常検知を自動で行うことができ、建設現場監理者の日常的な管理業務を削減することができた。

具体的には、従来であれば工事事務所からの移動時間も含めて345分かかる業務を、今回のシステムを使うことで60分で実施可能となり、80%の削減ができることが確認された。

今後、全国の大規模建設現場への導入を目指し、システムの検証を進めていき、複数のドローンを同時に管理する検証を実施する予定だ。

なお、この実証実験は、官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM(プリズム)の「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に採択され、実施しているものだ。

[実証実験紹介動画]

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録