内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

NTTCom、IoTモバイル回線を複数キャリア冗長化するソリューションを提供開始

近年、IoTソリューションを活用して事業を展開する企業が増加する中、信頼性の高いネットワーク構築が求められ、複数キャリア冗長化する企業が増えている。

一方、複数の通信キャリアの回線を調達し、個別に運用するには導入のハードルが高いことも課題となっている。

そこでNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、IoT環境を提供する「ドコモIoTマネージドサービス」において、複数の通信キャリア冗長化を提供するソリューションを、2022年12月より提供開始する。

このソリューションでは、「ドコモIoTマネージドサービス」とIoT向けモバイルデータ通信サービス「IoT Connect Mobile Type S」(以下、ICM(S))を組み合わせることにより、複数キャリア冗長化を実現する。

「ドコモIoTマネージドサービス」で使用する、Robustelが提供するゲートウェイは、2つのSIMカードを挿入することで通信の冗長化が可能となっている。

このソリューションでは、メイン回線としてドコモのSIM、サブ回線としてICM(S)のSIMを利用する。ICM(S)のSIMは通常、ドコモと他キャリアの回線のうち電波の強い方に接続するが、今回のソリューションでは他キャリアの回線にのみ接続される。

これにより、メイン回線に接続できなくなった場合には、ICM(S)を通じてスムーズにサブ回線に切り替わる。また、メイン回線に接続可能となった場合、自動でメイン回線に復帰する。

サブ回線部分の運用・保守もNTT Comが行うため、障害発生時は問い合わせ受付・故障対応・保守対応を実施する。

また、サブ回線として使用するICM(S)は従量課金制のため、使用しないときは月額費用を抑えることが可能だ。

利用シーンは遠隔監視や決済など、長時間の通信断を許容するのが難しいシステムをはじめ、冗長構成が必要となるシーンが挙げられている。

なお、2022年10月18日~21日に開催する「docomo business Forum’22」のリアル会場にて、今回の取り組みが紹介される予定だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録