内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

Raspberry Pi財団が新製品を発表、スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始

Raspberry Pi財団は、Raspberry Pi用カメラモジュール新製品「Raspberry Pi カメラモジュール V3」4種、「Raspberry Pi HQ Camera – M12マウント」を2023年1月9日に発表し、株式会社スイッチサイエンスが同日に入荷通知の受付を開始した。

「Raspberry Pi カメラモジュール V3」は、LinuxをインストールできるRasbperry Piの全モデルで使用可能なカメラモジュールだ。

前バージョンからの強化点は、HDR(High Dynamic Range)サポート、オートフォーカスの搭載、低照度感度の向上、高画素化(8MPから12MP)だ。製品は、感応光の違い(可視光のみ / NoIR)と画角の違い(標準 / 広角)で計4種類となっている。

Raspberry Pi財団が新製品を発表、スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
4種類の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」

「Raspberry Pi HQ Camera – M12マウント」は、Raspberry Pi公式のHQ(High Quality)カメラモジュールだ。レンズは別売で、魚眼レンズなど専門用途のレンズが多く揃うM12マウントを、「Raspberry Pi HQ Camera」に搭載することができる。

対応レンズはM12マウントのレンズ以外にも、今後スイッチサイエンスにて「5MP, 25mmレンズ」「12MP, 2.7mm広角レンズ」「12MP, 8mmレンズ」を発売予定だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録