内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

キヤノン、ロボットアームなどの微細な力加減を制御する薄型・軽量の新力覚センサを発売

キヤノン株式会社は、ロボットアームなどに搭載することで、物を動かす際の荷重や回転させる力の大きさ・方向を測定でき、人の手のような感覚を持たせることができる力覚センサの新製品「FH-300-20」を、2023年4月中旬に発売する。

力覚センサは、ロボットアームに取り付けると、物を取り扱う際にロボットアームに掛かる力を数値化できるため、物を取り扱う強さなどの感覚を持たせることができる。

新製品「FH-300-20」は、キヤノンのエンコーダー(モーターの軸の回転角度(位置)を検出するセンサ)を搭載し、薄型と軽量化の高精度を両立している。

キヤノン、ロボットアームなどの微細な力加減を制御する薄型・軽量の新力覚センサを発売
厚さ約20mm、質量約250g

また、独自のアルゴリズムにより、ロボットアームのシステムからの計測要求に約300マイクロセックの速さで応答する。

防じん防水性能は、国際電気標準会議が定める水や異物侵入の保護等級の規格「IP65」に準拠している。

粉じんが内部に侵入しない「防じん性能6級」、防水はいかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない「防滴性能5級」だ。

なお、新製品は、2023年3月22日~24日に開催される「Careテクノロジー東京’23 第6回次世代介護テクノロジー展」の青山学院大学のブースにて、「ウェルビーイング増幅マッサージシステム」に採用されている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録