内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

京セラがアステリアの「ASTERIA Warp Core」を採用、ノーコード開発で年間約1400時間の工数削減へ

アステリア株式会社は、同社が提供する企業データ連携(EAI/ESB)製品「ASTERIA Warp Core」(アステリアワープコア、以下Warp Core)が、京セラ株式会社に採用されたことを発表した。

京セラは、様々な分野でグローバルにビジネスを展開している電子部品メーカで、機械工具事業本部は、世界各国で切削工具の開発・製造を行っている。

従来、設計・製造データはExcelやAccessを活用した各拠点独自のシステムで管理・運用していたが、拠点間での情報管理やデータ統合がスムーズにできないという課題を抱えていたのだという。

そこで、この課題を解決するため、機械工具事業本部ではkintoneで設計・製造データを集約する「拠点横断情報集約データベース」を構築し、運用を開始した。

そして、海外に点在する拠点間でのシステム連携やデータ統合に向けて、さまざまなデータ連携ツールを検討するなかで、「Warp Core」が採用された。

京セラがアステリアの「ASTERIA Warp Core」を採用し、ノーコード開発で年間約1400時間の工数削減へ
システムイメージ

「Warp Core」を採用した理由については、100種類以上のアプリやサービスと連携するアダプターにより、各種クラウドサービスや基幹システムなど、さまざまな場所に格納されたデータとの連携ができる点が挙げられている。

また、「Warp Core」を採用したことにより、プログラミング経験のない社員が全社基幹システムと拠点横断情報集約データベースを統合した「統合データベース」やスケジュール実行機能、RPAツールと連携したデータ自動連携基盤をノーコードで開発し、年間約1,400時間相当の業務工数の削減に成功したのだという。

さらに、拠点ごとに独自に行っていた従来の情報管理から、製造拠点を横断したMDM(マスターデータマネジメント)の強化も実現したとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録