内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ウェザーニューズとオムロン、大雨や強風を1分毎に観測する気象IoTセンサ「ソラテナPro」を開発

株式会社ウェザーニューズとオムロン株式会社は、新型気象IoTセンサを開発し、ウェザーニューズより「ソラテナPro」として2023年7月5日から発売する。

「ソラテナPro」は、気温・湿度・気圧・雨量・風向・風速・照度の7つの要素を1分毎に観測する小型の気象IoTセンサだ。

同製品は、オムロンのセンシング技術により雨風のセンサ性能を高めており、災害リスクが高まる雨量50mm/h、風速50m/sの大雨・強風を観測することができる。

ウェザーニューズは、「ソラテナPro」を、同社のお天気アプリ「ウェザーニュース」と連携し、SaaS型の新たなソリューションとして展開する。

これにより、観測データと天気予報や雨雲レーダ、停電リスク予測など、有料機能を含む様々なコンテンツを「ウェザーニュース」アプリで確認することができる。

専用ページでは、7種類の観測データをリアルタイムに閲覧できるほか、過去のデータをグラフで確認することができる。

ウェザーニューズとオムロン、大雨や強風を1分毎に観測する気象IoTセンサ「ソラテナPro」を開発
左から、トップページの「マイ天気」上に表示されている専用ページ、観測機一覧、リアルタイムの観測データ、過去のグラフデータ

なお、観測データはクラウドに保存されAPIなどで提供できることから、企業は観測データをクラウド経由で取得して、自社のシステムに組み込むことも可能だ。

また、観測された気温・雨量・風速が設定値を超えた場合は、プッシュ通知するほか、PC版も用意されており、過去の観測データをダウンロードして、当時の気象と被害状況を分析することもできる。

PC版の専用ウェブサイトでは、リアルタイムの実況や過去の観測データと合わせて、気象情報を提供する。

ユーザは月や日付を指定して、日毎や1分毎の観測データをグラフで確認することができる。

ウェザーニューズとオムロン、大雨や強風を1分毎に観測する気象IoTセンサ「ソラテナPro」を開発
1か月分の日毎の観測データ

また、設置日からこれまでの観測データは全てクラウド上に保存されており、CSVでデータをダウンロードすることも可能だ。

さらに、雨雲と風向・風速について、24時間前までの過去データと72時間先までの予報をマップで表示する。

なお、アプリ・パソコン版の利用料は「ソラテナPro」の月額料金に含まれており、ソラテナ1台につきアプリのアカウント3つまでは無料で付与される仕様だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録