内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ぷらっとホーム、Syslogサーバ及びレポート機能に特化したアプライアンス製品の仮想アプライアンスを提供開始

ぷらっとホーム株式会社は、Syslogサーバ機能や、ヤマハ製ルータ「RTXシリーズ・NVRシリーズ」に対応した、レポート機能に特化したアプライアンス製品「EasyBlocks Network Reporter」(イージーブロックス・ネットワークレポーター)の、仮想アプライアンス版の提供を開始した。

「EasyBlocks Network Reporter」の仮想アプライアンスは、各種サーバ・ネットワーク機器から出力される、Syslog形式のログの蓄積や閲覧に対応した製品だ。

「EasyBlocks Network Reporter」は、これまでハードウェアアプライアンスとしてのみ提供されていたが、仮想アプライアンス版も新たにラインナップに加わり、仮想プラットフォーム上への導入が可能となった。

機能としては、ルータをはじめUTM、ファイアウォールといった各種機器のSyslogメッセージを、本体内蔵ストレージに長期保存することが可能だ。

SyslogやSNMP Trapで収集したログは、本体内蔵のWeb UI上で閲覧できる。特定のルータ機種に対応したログのフィルタリングルールも搭載し、異常発生の兆候となるログも閲覧することが可能だ。

また、ヤマハ製ルータ「RTXシリーズ」「NVRシリーズ」のCPU・メモリの使用率や、ネットワークトラフィック量などを日々レポーティングする機能を搭載している。

ぷらっとホーム、Syslogサーバ及びレポート機能に特化したアプライアンス製品の仮想アプライアンスを提供開始
レポートメールのイメージ

プランは、導入規模に応じて選べる4つのエディションが用意されており、無償で導入可能なエディションや、1年間のログを蓄積・保存できるエディションなどが提供される。

メンテナンスに関しては、「EasyBlocksシリーズ」のため、Webブラウザ上でのファームウェアアップデートで一元管理することができる。

また、リモートで保守管理できるサービス「AirManage 2」の1年間利用権が付属している。

これにより、遠隔地から「EasyBlocks Network Reporter」の設定変更やアップデート指示などをセキュアな通信で実行することができる。

さらに、設定変更時に3世代前までの設定が自動的にバックアップされる。

加えて、RTXルータ・NVRルータのSyslog転送モードのログレベル(DEBUG/NOTICE/INFO)の制御が可能だ。

「AirManage 2」と組み合わせる事により、インターネット回線を通じて遠隔地よりログレベルの制御ができ、トラブル発生時に一時的にDEBUGモードを有効化し、トラブルの原因を詳細に解析することができる。

なお、2023年7月28日に、「EasyBlocks Network Reporter仮想アプライアンス発売記念YouTubeライブ」を、SCSK株式会社と共同で実施する。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録