内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ローム、測定距離が向上したLiDAR用120W高出力レーザダイオード「RLD90QZW8」を開発

ローム株式会社は、距離測定・空間認識用LiDAR(ライダー)を搭載する、産業機器分野のAGV(無人搬送車)やサービスロボット、民生機器分野のロボット掃除機などに向けて、高出力半導体レーザダイオード「RLD90QZW8」を開発した。

「RLD90QZW8」は、3D ToFシステムを用いて距離測定や空間認識を行うLiDAR向けに開発された、赤外120W高出力レーザダイオードだ。独自の素子開発技術により、レーザ波長の温度依存性を一般品比66%減となる⊿11.6nm(平均0.10nm/℃)まで低減させている。

これにより、特定の光の波長帯の信号だけを通過させる「バンドパスフィルタ」の狭小化に寄与するため、LiDARの遠方検知に貢献する。

また、発光幅は270µmで、発光幅の97%にあたる264µmの領域で、均一な発光強度を実現している。さらに、高い電力光変換効率(PCE)も実現しており、高効率な光出力が可能となることから、LiDARの低消費電力化にも貢献する。

ローム、測定距離が向上したLiDAR用120W高出力レーザダイオード「RLD90QZW8」を開発
「RLD90QZW8」の概要

その他、「RLD90QZW8」の評価・導入に必要となる駆動回路の設計手法を記載したアプリケーションノートや、基板開発用のデータ、シミュレーション用のモデル(SPICEモデル、Rayデータ)などの設計データを、ローム公式Web上に無償公開している。

LiDAR用途でのレーザダイオード駆動には、ナノ秒オーダの高速スイッチングも必要となるが、ロームが開発したEcoGaNシリーズの150V GaN HEMT、及びゲートドライバを組み合わせたリファレンスデザイン「REFLD002」も、ローム公式Web上で公開している。

「RLD90QZW8」は、2023年9月よりサンプル出荷を開始(サンプル価格3,500円/個:税抜)しており、2023年12月より当面月産20万個の体制で量産を開始する予定だ。なおサンプルは、インターネット商社のコアスタッフオンライン、チップワンストップからも販売している。

現在ロームは、製造工場において前工程・後工程とも車載品質マネジメント規格のIATF 16949を取得し、車載対応(AEC-Q102準拠)に向けたレーザーダイオードの製品開発も進めており、2024年度中の製品化を予定している。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録