内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

アステリアとソラコム、「SORACOM Harvest」と「Gravio」がノーコードで連携

あらゆる現場でデジタル化やDXニーズが加速するなか、カメラやセンサーから収集した多様なデータの活用が活発になっている。

アステリア株式会社と株式会社ソラコムは、ソラコムのサービス「SORACOM Harvest」とアステリアのノード統合プラットフォーム「Gravio」をノーコードで連携するための2つのSORACOM専用アクション(ノーコードでロジックを作るためのソフトウェア部品)の提供を開始した。

2023年7月に提供開始した新Gravioでは、Gravio HubにSIM搭載機能を追加し、Wi-Fiがない現場でのデータ収集と活用ニーズに対応している。ソラコムの「SPSテクノロジーパートナー」の認定も受け、SORACOM IoT SIMの搭載による相互連携が可能となったことで、屋外利用や工場利用などの引き合いが増加している。

今回、IoTデバイスからデータや画像ファイルを収集・蓄積するSORACOM HarvestとGravioがノーコードで連携することで、HTTPメソッド、URL、Content-Type、認証方式の入力を自動化し開発工数を削減しする。入力はファイル名のコピー&ペーストのみで、直感的な操作で連携が可能になり、集約したデータはSORACOMサービス内のダッシュボードにてノーコードで可視化される。設定した閾値を超えた際は、メールやLINEへ自動で通知するアラート機能も搭載されている。

これにより、プログラミング知識を持たない人でもIoTデータの収集から可視化まで全ての工程をワンストップで設定し、さらなるデータ活用の効率化が期待できる。

アステリアとソラコム、「SORACOM Harvest」と「Gravio」がノーコードで連携
SORACOM専用アクション活用イメージ
なお、今回追加されたSORACOM専用アクション2種は以下の通り。

  • SORACOM Harvest Data Post:センサーから取得した数値データを送出
  • SORACOM Harvest Files Upload:カメラから取得した画像ファイルを送出

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録