内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

IIJ、Microsoft AzureのPaaSを活用し「ラボ型PoC」でIoT展開を支援するソリューションを提供

昨今、企業でのIoT活用が広がる中、IoT基盤に対する要求も複雑で高度化しており、個別開発が必要となるケースが増えているという。一方、人的リソース不足により、IoTシステムの開発が思うように進まないという課題がある。

そこで株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は本日、IoTビジネスを検討しているユーザ向けに、Microsoft Azure(以下、Azure)のPaaSを活用した検証計画の策定から、検証の実施、商用システムへの展開までを支援するソリューション「IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azure」を、2022年7月20日より提供開始することを発表した。

「IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azure」は、本格的なIoTシステム展開にあたり、IIJが課題の抽出・整理や、PoC環境の整備・検証を行い、ユーザが求めるIoTシステムの実現方法の検討、方式決定を支援するサービスだ。さらに、検証評価を踏まえた本番環境の設計・構築にも対応する。

IoTシステム構築には、AzureのPaaS機能を活用し、IIJエンジニアが主体となって検証を推進する「ラボ型PoC」の体制により実行する。

IIJ、Microsoft AzureのPaaSを活用し「ラボ型PoC」でIoT展開を支援するソリューションを提供
左:通常のラボ型開発 右:「IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azure」のラボ型PoC

AzureのPaaSがもつIoTシステムに活用可能な機能やサービスを組み合わせることで、開発コストの低減や、検証から導入までの期間の短縮を図っており、価格はMicrosoft Azureのライセンス費用等は別で、2ヵ月50万円となっている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録