内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

マクニカ、モーター特化型予知保全DX「Mpression Smart Motor Sensor」を販売開始

産業用モーターによる年間消費電力量は、産業部門においては75%を占めると推計されている。また、最適な状態でないモーター運用の場合、電力効率の低下によって必要以上に電力コストを消費するだけでなく、予期せぬ異常の発生により最悪のケースではラインダウンに発展する恐れがある。

株式会社マクニカは、2022年6月2日にリリースした「Macnica Smart Motor Sensor」を、マクニカの技術ブランドMpressionシリーズ「Mpression Smart Motor Sensor」として販売を開始する。

同ソリューションは、低圧三相モーター向けに特化したセンサー・クラウド一体型の予知保全DXソリューションである。バッテリー駆動のセンサーをモーターの冷却フィンに取り付け、初期設定は、スマートフォン専用アプリより行う。使用開始後、AIによる機械学習が自動的に開始され、一定期間後に異常を検知するAIモデルが自動生成される。

これにより、センサーから集められた振動、温度、磁界データは専用ダッシュボードに表示され、モーターから離れたロケーションであってもパソコンやスマートフォン、タブレットなどで確認でき、異常時にはアラート通知され、対処方法の指示も具体的に表示される。

さらに、常にモーターの健康状態を把握することで、効率的なメンテナンスを実現でき、最適な状態のモーター運用によって電力コスト(CO2排出量)の削減にも繋がる。

同ソリューションを活用することで、装置の想定外のダウンタイム削減やメンテナンス費用の最適化に貢献する。
マクニカ、モーター特化型予知保全DX「Mpression Smart Motor Sensor」を販売開始

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録