内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

フエニックス・コンタクト、1km先までイーサネット延長と給電を可能にするSPE対応スイッチングハブを発売

フエニックス・コンタクト株式会社は、1kmまでの距離において、イーサネット通信と給電が可能な「シングルペアイーサネット対応スイッチングハブFL SWITCH 2303-8SP1」(以下、FL SWITCH 2303-8SP1)を、2023年12月4日(月)より日本国内で正式に発売する。

シングルペアイーサネット(以下、SPE)は、一組のツイストペア線だけでイーサネット通信を可能にする技術だ。

今回発表された「FL SWITCH 2303-8SP1」をを介することで、SPEポートに接続した対応機器と、SPEを含む他のイーサネットポートに接続した機器間でのイーサネット通信が可能になる。

さらに、PoDL(Power Over Data Line)機能により、SPE機器への給電も可能となる。

これにより、1km先に配置したSPE対応のインテリジェントセンサのデータを、中間処理用のサブシステムやゲートウェイなしに直接Web画面表示することができる。

フエニックス・コンタクト、1km先までイーサネット延長と給電を可能にするSPE対応スイッチングハブを発売
SPE対応機器接続イメージ

なおフエニックス・コンタクトは、11月29日より東京ビッグサイトにて開催される「国際ロボット展2023」に「FL SWITCH 2303-8SP1」を初展示するとしている。

「FL SWITCH 2303-8SP1」の主な特長

1kmまでのイーサネット通信

IEEE 802.3cg規格の10BASE-T1Lに対応。従来のイーサネットの制約100mを超え、SPEケーブルにて1kmまでの10Mbpsイーサネット通信が可能になる。

1km先への給電(PoDL)で電源フリー

センサなど動作電力を必要とするPoDL機器に、SPEケーブルで電力も供給可能(IEEE 802.3cg Power Class 10/11)。センサ用の別電源やバッテリ動作を不要にし、構成や手順の簡略化が可能になる。

アナログ伝送/シリアル通信の置き換え

SPE対応計測機器は、「FL SWITCH 2303-8SP1」を介して直接データ解析用ホストとTCP/IPなどのイーサネット通信でデータ交換が可能。

RJ45ポート

8つのSPEポートに加え、10/100/1000Mbpsの通信が可能なRJ45ポートも3ポート搭載。接続されたイーサネット機器は、SPEポートに接続された機器とイーサネット通信が可能だ。

SPE専用機能

SPEポートでは、SQI(Signal Quality Indication)機能により、SPEポートの通信品質を判定することができる。また、PoDLの有効無効設定や給電の状態を確認できる。

マネージド機能

RSTP/MRPによる冗長通信機能、VLANによる仮想ネットワーク機能、ポートセキュリティ機能、QoS機能、SNMPによる診断機能、Web画面による設定/診断など、FL SWITCH 2000シリーズと共通のマネージドスイッチの設定診断機能が使用できる。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録