内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

通貨のデジタル化 ー馬渕磨理子氏に聞く、デジタルと金融②

企業:

昨今金融サービスもデジタル化されていたり、暗号資産取引などデジタルありきでの金融サービスも始まっている。そこで、経済アナリストの馬渕磨理子氏とIoTNEWS代表の小泉耕二が、「デジタルと金融」についてと対談した。

特集「デジタルと金融」は全四回で、第二回目はデジタル人民元など「通貨のデジタル化」がテーマだ。

馬渕磨理子氏は、京都大学公共政策大学院修士課程修了。トレーダーとして法人の資産運用に携わった後、金融メディアのシニアアナリスト、株式投資型のクラウドファンディングを手掛けるFUNDINNO(ファンディーノ)で、日本初のECF(投資型クラウドファンディング)アナリストとして政策提言に関わる。現在は、一般社団法人 日本金融経済研究所の代表理事。フジテレビのニュース番組「FNN Live News α」のレギュラーコメンテーターなども務める。

IoTNEWS 小泉耕二(以下、小泉): 次のテーマは、私が非常に注目している「デジタルキャッシュ」についてです。ここ数年で「デジタル人民元」が話題になっています。

中国の基軸通貨である人民元をデジタル化することですが、電子マネーとは何が違うのか、基軸通貨をデジタルにするメリットは何かなど、疑問が湧いてきます。

経済アナリスト 馬渕磨理子氏(以下、馬渕): 前提として、中国がなぜそのような動きをしているかを説明します。世界の基軸通貨は「ドル」であり、世界中の貿易の決済はドルで行われています。つまり、中国の対抗にはアメリカという存在がいるのです。

つづきは、無料メルマガ会員になると読めます!

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録