内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

鳥羽市とMONET、医療MaaSと患者移送サービスを1台のマルチタスク車両で提供

三重県の鳥羽市では、高齢化に伴う免許証の自主返納などによって、通院が難しい患者への医療サービスの提供が課題になっており、医師の業務効率化に向けた対策を検討していた。

そこで、離島部を含めた市立診療所の医師が、複数の診療所を受け持つグループ診療が2020年に始まり、医師が離れた場所から患者を診察するなど、オンライン診療が行われてきた。

こうした中、MONET Technologies株式会社(以下、MONET)は、鳥羽市が2023年12月18日から2024年3月末まで実施する「鳥羽市医療MaaS実証事業」において、実証運行に協力することを発表した。

この実証では、患者の自宅付近に訪問した車両内でオンライン診療を行う「医療MaaS」と、通院を必要とする患者を診療所まで移送する「患者移送サービス」を、1台の「マルチタスク車両」で提供する。

鳥羽市とMONET、医療MaaSと患者移送サービスを1台のマルチタスク車両で提供
実証のイメージ図

なお、マルチタスク車両には、患者の生体情報をリアルタイムに収集・確認できるセコム医療システム株式会社の「セコムVitalook(バイタルック)」と、離れた場所にいる医師と患者の間で、高画質な映像と音声を共有できるウィーメックス株式会社の「Teladoc HEALTH(テラドック ヘルス)」が搭載されている。

鳥羽市とMONET、医療MaaSと患者移送サービスを1台のマルチタスク車両で提供
診療に利用する機器

鳥羽市とMONETは、今回の実証運行の結果を踏まえて、車両を活用した新たな医療体制の構築を検討していくとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録